幕張メッセ家具大バザール
(かねたやROOMDECO)家具

毎日の暮らしを快適にしたい!そんな願いを抱いて、家具やインテリアアイテムを探す人は多いのではないでしょうか。
なかでも家具は大きな買い物。買った後に後悔したくありません。できるだけ多くの種類を実際に見て、触って、納得して決めたいものですね。
でも、それぞれメーカーのショールームをまわって見るのは大変。いっきに見て回れる場所はないものか、と調べているときに知ったのが「幕張メッセ 家具大バザール」。家具販売の「かねたやROOM DECO」が、1ヶ月に1度開催する展示即売会です。幕張の国際展示場で繰り広げられるこのイベントは、展示面積10,000㎡という日本最大級規模。国内外合わせて70社以上の一流メーカーが勢揃いし、メッセ特別価格で販売します。
開催期間は毎回3日間。今までの来場者は115万人を突破しているとのこと。入場にはインターネットより無料招待状を申し込む、特別感のあるイベントです。

幕張メッセ家具大バザールの様子

会場の広さと展示家具の多さにビックリ!

大バザール全体のの画像エントランスは2階にあり、入り口から10,000㎡という広大な会場を見渡すことができます。会場手前にはベッド、左手はソファなどのリビング家具、その向こうにはダイニングテーブルやキッチン収納、そして奥のほうには学習机などなど。敷物やカーテンなどのブースも見えます。とにかく広い上に種類も品数も多く壮観です。

入り口には「最安値100%価格保障」「手数料金利無料」「配置・組立・設置全て無料」の表示が。これは真剣に家具の購入を考えている者にとっては、ハートをわしづかみにされるサービスです。エスカレーターを降りて会場に入ると、スタッフが受付カウンターへと案内してくれます。ここで招待状を見せてチェックイン。会場の案内図が書かれたチラシを受け取ります。

家を新築する人なのでしょうか。家の図面を手に、建築家らしき人と一緒に、家具を選ぶ人の姿も見かけられます。また、若いご夫婦がベビーカーを押しながら会場を見てまわる姿や、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に三世代で来ているファミリーも。

各ブースでは、メーカーから派遣されている専門スタッフが対応してくれるので、素材やサイズ、細かい特徴など、納得できるまでじっくり教えてもらうことができます。

ソファに実際に座って、座り心地を確かめている人。ベッドのマットレスに横になって、寝心地を確かめている人……。やっぱり、実際に体感するというのが、家具選びの大切なポイントなんですね。

80~85%OFFもありのアウトレットコーナーへGO!

大バザールアウトレットコーナーの画像

広く、活気にあふれる展示場のなかでも、特にお客さんが多く、熱気を帯びているのがアウトレットコーナー。このコーナーは、ひときわ、置いてある家具の密度がぎゅっと詰まっている感じです。ダイニングテーブルや椅子は積み重ねられ、その奥にはソファがぎっしり。キャビネットやタンスなどもあり、豊富なラインナップと展示数に驚かされます。

それぞれの家具にプライスと「こんな理由でめちゃ安い!」と理由が書かれたステッカーが付けられています。展示品の現品処分、廃盤品のため、過剰在庫のため、セットはずれのためなど、安さの理由やディスカウントの割合はそれぞれのようですが、どの家具も超お得プライス。

例えば、メーカー参考上代15万3,000円のダイニング5点セットが、ここでは80.5%OFFの2万9,800円といった具合。1点限りの家具もたくさんあるので、早めの時間に来場して、まずは、このコーナーからチェックするのが賢いかもしれませんね。

憧れのイタリアン・モダン NICOLETTI & OZZIO

イタリアンモダンのソファの画像たくさんのソファ、センターテーブル、テレビボードなどが並ぶ、リビング家具エリアのなかでも、スタイリッシュさで目をひくのがイタリアの家具メーカー「NICOLETTI(ニコレッティ)」のブース。

国際家具見本市「ミラノサローネ」にも毎年出展しているという家具メーカーNICOLETTIは、革張りソファのトップブランド。この「幕張メッセ 家具大バザール」では、厳選の人気モデルを展示しています。

スタッフの解説によると「最近は掃除ロボットが入るように脚元に隙間のあるデザインが人気。張り地はカラフルな革見本から選んでオーダーすることができます」とのこと。

NICOLETTIのソファと組み合わせてコーディネートされているのが、同じくイタリアブランド「OZZIO(オッジオ)」のセンターテーブル。このテーブルは、デザインが美しいだけでなく、サイズが広げることができたり、高さを変えることができたりと、機能面でも優れているのがポイント。

通常ならほとんど値引きをしないイタリアの高級ブランド家具ですが、ここでは12~13%引きで購入することができます。

ぬくもり感に満ちた「HOTTA WODY」の学習机

学習机コーナーの画像新入学のお子さんや、子供部屋のインテリアを考えている方に、ぜひ足を運んでもらいたいのが学習机の展示ブース。

コイズミ、くろがね、カリモク、イトーキ、オカムラなど有名ブランドの新型学習机が所狭しと勢揃い。最近の傾向としては、シンプルで機能的なものが主流になっているよう。

デスクまわりの本棚が、前や横に移動できたり、セパレートできたりと、子供の成長に合わせて様々にレイアウトができるものが目につきます。さらに、部屋の広さを考慮してベットの下に机を配置出来るシステム家具なども種類豊富。

ここではさまざまなタイプの学習机を実際に見ることができるので、各家庭の子供部屋の条件にあうデスクを、きっと見つけることができるでしょう。

木のぬくもりが感じられる勉強机の画像温かみのあるデザインで目を引いたのが「HOTTA WOODY(堀田木工所)」の『Study Desk Series』。アルダー材のきれいな木目に自然系オイル仕上げで、ぬくもりが感じられる風合い。

お話を聞いたところ「木製のシンプルなデスクに、必要に応じて書棚や引き出しなどの収納、ベッド、椅子などを足していくことができます。木のデスクは大人になっても使えるデザイン。椅子は下にランドセルを置くスペースがあり、座面を前後にスライドさせたり、高さも変えたりできます。商品はすべて国内生産。木取り・加工・塗装・組み立てを国内工場でおこなっています。ホルムアルデヒド対策もしているので、安心して使っていただける家具ですよ」とのこと。自社製品への愛情たっぷりに解説してくれました。

「幕張メッセ 家具大バザール」での価格は、定価の約4割引。長く使うための補修用キットも付いています。

食器棚の「KOG⋀ KAGU」では実験コーナーもあり

食器棚の画像電子レンジや炊飯器など、さまざま家電を収納できる食器棚を展開しているのが「KOG⋀ KAGU(古賀家具工業)」のブース。全体的にシンプルなデザインで、すっきりした印象。引き出し収納が多く、カウンターにはコンセントも付いていて、とても使いやすそうです。

引き出しや扉を実際に開け閉めしてみたところ、とてもスムーズで、閉まるときはゆっくりのソフトクローズタイプ。うっかり指を挟んだりする危険がないので、小さな子供がいる家でも安心して使えそうです。

「間口1800㎝の食器棚もあるのですが、既製品では珍しいと思います。面材はMDFという木質繊維を原料とする成型板(ファイバーボード)を使用。汚れやキズに強く、色あせもしないので手入れが簡単です。」と解説してくれました。

「KOG⋀ KAGU」のブースでは、ちょっとした実験コーナーも発見。炊飯器などを置くオープンキャビネットの上には「MOISS(モイス)」という調湿作用のある建材が使われています。その「MOISS(モイス)」の部分に、実際に霧吹きで水滴をふきかけてみる、というもの。するとなんということでしょう。みるみるまに吹きかけた水滴が消えてしまうのです。これなら、炊飯器や湯沸かし器の蒸気で、棚がカビてしまう心配もなさそう、と納得しました。

こちらの食器棚、「幕張メッセ 家具大バザール」では、定価の約4割引です。

マイペースで見学し、説明は各社の専門スタッフに聞こう

ベッドコーナーにもたくさんのスタッフが会場を見学する際、こちらから希望しない限り、「かねたやROOM DECO」のスタッフがついてまわることはありません。自分のペースで、自由気ままに見て歩くことができるのがいいですね。

そして製品について知りたいことがあれば、各ブースにスタンバイする、メーカーから派遣されているスタッフに質問します。自社の製品ですから知識も豊富で、ていねいに教えてもらうことができるので信頼感が持てます。

そのメリットが特に感じられるのがベッドコーナー。「幕張メッセ 家具大バザール」のベッドコーナーでは、日本のトップメーカーである「フランスベッド」「日本ベッド」「ドリームベッド」「東京ベッド」などに加え、アメリカの有名メーカー「サータ」「シモンズ」「シーリー」「テンピュール」などが勢揃い。

新しい素材の説明が受けられる新しいところでは、自動車部品メーカーである「アイシン精機」のベッドなども展示されていますが、それらの性能は見た目だけでは判断できないものです。

各メーカーで、独自のポケットコイルスプリングや低反発ウレタンマットレス、特殊な樹脂弾性体などを開発していて、どれがいいのか迷ってしまいます。

この会場では各社のスタッフに、それぞれの特徴をしっかり説明してもらえる上、実際にマットレスに横になることも可能。

質問にはていねいに答えてくれるけれど、必要以上にセールスされたり、情報を押し付けされたりすることがないところも好感が持てます。

家具好きの人なら、1日いても飽きないと思いますよ。

最新トレンドの家具をたくさん見ることができる

最新トレンドの家具にであえる大バザール画像実際に足を運んでみて、最初は、広大な会場と展示数の多さに圧倒され、「目移りしてしまう~」と思ったのですが、じっくり見てまわるうちに、自分の好みのデザインや、必要としている機能をはっきり把握することができるようになりました。

最近はなんでもインターネットで買える時代ですが、家具に関していえば、たくさんの製品を実際に見て、触って、比べてみなければ、本当に納得したものには出会えない、と改めて感じました。

最低価格保障(インターネット店は除く)、新築やリフォームを計画中のお客さまのための長期預かりシステム、金利・手数料無料のボーナス一括払い、配送費・組立費無料など、さまざまな安心サービスで、買いやすい環境を整えてくれているのもうれしいですね。

また、今まで見たことのないデザインや最新トレンドの家具と出会うこともでき、楽しくなりました。会場を訪れると招待状と引き換えに、もれなくプレゼントがもらえたり、さらにお楽しみ抽選会が用意されていたり。

気軽に、レジャー感覚で出かけてみるのも楽しいと思いました。

StoreかねたやROOMDECOの概要

かねたやROOMDECOHP

会場

幕張メッセ国際展示場

アクセス

JR京葉線「海浜幕張」駅より徒歩10分

開催時間

AM10:00~PM20:00
※最終日PM19:00)

公式HP

http://www.kanetaya.com/makuhari/

※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。