必見!大型バーゲン&アウトレットショールーム情報

家具インテリア
プレミアムバーゲン

ポイント還元も!
特典いろいろの
大型バザール!

家具メッセバザール
in幕張メッセ

日本最大級イベント!有名メーカー家具が
MAX70%オフ!

横浜グランド
インテリアフェア

家具の大正堂主催
開催から10年以上の
人気イベント

秋田木工HP引用元:秋田木工
(http://www.akitamokko.jp/)

秋田木工

秋田木工は秋田県に本社を構えている曲木家具の専門メーカーで、家具販売の分野で知られている大塚家具の子会社でもあります。実際に大塚家具に足を運んだ際に秋田木工の商品を見て興味が沸き、検討している方もいるのではないでしょうか。
なんといっても大きな特徴といえるのが、日本で唯一の曲木専門工房だということ。これは、自然乾燥させた木材を必要な長さなどに切り、曲げることによって加工する技術のことです。

木の持っている温かさを十分に活かした家具を検討したいと思っている方は、ぜひチェックしてみてはどうでしょうか。

秋田木工の歴史

曲木はドイツ人のミヒャエル・トーネットによって発明された技術です。木を蒸して変形させる、そのまま元に戻らない性質を利用した工法となっており、鉄の金型に沿って曲げ成型することにより自由な形を作ることができます。
現在までに約2億脚制作された「NO.14」と呼ばれる椅子もあり、秋田木工はこういった曲木の技術を活かした家具作りを行っているのです。
日本には1901年に曲木の技術が伝わりました。そこから秋田曲木製作所が製造されたのが1910年のことです。
秋田県湯沢市には曲木を行うのに適しているブナやナラが豊富に生えています。
「木が木で立っていたときよりも立派に美しく」という信念を掲げ、日本を代表するデザイナーとのコラボレーションを果たすなど様々な活動を行っています。

他にはない曲木家具づくりの技術

最大の特徴は曲木家具を取り扱っているということです。これは、高温で蒸して曲げる特殊な技術のことで、三次元の曲げ木加工を実現しています。
木を曲げるということを想像してもわかる通り、高い技術力を必要とする作業が求められる分野で、専用の道具を使って専門的に家具を作っているのです。
その歴史は100年以上となっているので、信頼できる曲木専門メーカーの商品を購入したいと思っている方でも安心できるでしょう。
製造しているのは熟練の技を持つ職人たちということもあり、代金は安いとはいえませんがその分価値があります。多少費用がかかっても仕方がないから長年にわたって活躍してくれる家具を購入したいと思っている方に向いているでしょう。美しい仕上がりにもこだわっていて、塗装と磨きによって艶のあるすてきな家具を作っています。

匠の技を生かした工法

匠の技によって作られる家具はとても見事です。重い木材を丁寧にカットし、職人たちはその切り出しの中でどの木材が曲木家具つくりに向いているのかをしっかりと見極めます。
加工をする際に使う刃物から手作りする徹底ぶりです。曲木は最初の5分間が命と言われていて、それがうまくいかないと失敗に結びついてしまうため、その時間に失敗をしないように職人の技を生かした工作を用いて製品づくりを行っています。

秋田木工のショールーム情報

秋田木工専用のショールームはありませんが、大塚家具のショールームで秋田木工の作品を確認することができます。大塚家具のショールームのうち、有明本社ショールームについてご紹介しましょう。

  • 住所:東京都江東区有明3-6-11東京ファッションタウンビル 東館
  • 営業時間:10:30~18:30
  • アクセス:りんかい線「国際展示場駅」より徒歩約5分、 ゆりかもめ「国際展示場正門駅」より直結
  • 定休日:無休(年末年始を除く)

こちらは英語、中国語の対応が可能とのことでした。ただ、その場合は事前に予約をした方が良いとのこと。それ以外であれば特に連絡をする必要はありません。

この他にも様々な地域に多くのショールームを持っているので、興味のある方は先にショールームを訪れて実際に製品に触れてみるのもおすすめです。製品に触れることによって高い技術力を実感できるでしょう。

人気の家具はコレ

チェア「No.16」

曲木によるチェアといえば有名なのは曲木工法を発明したミヒャエル・トーネットによって作られたNo.14なのですが、秋田木工の原点として非常に人気が高いベストセラー製品が「No.16」です。
曲線が非常に美しく、デザイン性はもちろんのこと、機能性についても納得のいく製品となっています。職人の手作業で行われている製品づくりは品質も高く、納得できるでしょう。

ダイニングチェア「No.500」

木製ウィンザーダイニングチェアです。ベストセラーともいえるような人気を誇っている製品です。とても雰囲気が良い椅子で、デザインも素敵なので、デザインにひかれて購入する方も多いそう。 座り心地が良いのも魅力です。自宅でつかうのはもちろんのこと、お店などで使うのにもぴったりでしょう。

スツール「No.202」

日本だけでなく、世界を代表するといっても過言ではないインテリアデザイナーとして知られている剣持勇によってデザインされたスツールです。この製品によって秋田木工の知名度が大幅に伸びたともいえるでしょう。
累計生産数は120万台を突破しただけでなく、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した実績を持ちます。

アンネルベッドの口コミ・評判

スツール「No.202」(年齢不明/性別不明)

色展開がたくさんあったのが大きな決め手でした。自分にとってぴったりの色を選ぶことができるのはうれしいですね。それと、いくつか購入すると置くスペースがなくなってしまうのでスタッキングできるのにも大きな魅力を感じました。

スツール「No.202」(年齢不明/性別不明)

重い椅子しかなくて、もっと軽いものを置きたいと探してこちらを見つけました。とても軽くて座りやすいのがお気に入りです。

ダイニングチェア「N005」(年齢不明/性別不明)

とても美しいフォルムにひかれて購入しました。また、軽いのも良いですね。しっかり職人さんが丹精込めて作ってくれたんだなと思える一品です。それと、購入してからもうしばらくになるのですが、丈夫なのもこの製品の魅力だと思います。全く痛むこともなく、きれいに使えているのでうれしいです。

ダイニングチェア「N005」(年齢不明/性別不明)

なんとなくぱっとしないダイニングを華やかにしたくてチェアを探していました。こちらは主張しすぎることもなく、しっかり空間になじんでくれるのでこちらを選択してよかったです。

コートスタンド NO.48(年齢不明/性別不明)

特徴的なデザインが気になっていました。S字型のフックも使いやすそうだったので購入。結果、大正解です。玄関に置いていますが、あまり存在感を示すことなく自然に置いておけるのでとても良いと思いました。

秋田木工の家具を買える家具店はこちら

IDC大塚家具

有明本社のショールームは日本最大級!ミドル~アッパークラスの家具をお買い得価格で購入したい人におすすめです。

IDC大塚家具引用元:IDC大塚家具
(http://www.idc-otsuka.jp/)
家具店の詳細

※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。

 
関連ページ