ドリームベッドHP引用元:ドリームベッド(https://dreambed.jp/)

ドリームベッド

1950年の創業以来「理想のベッドルームをカタチにする」を理念として“自社製造”にこだわり、ポケットコイル型マットレス、ベッドフレームを中心に提供。品質と価格のバランスに優れ、ポケットコイルマットレスメーカーのなかでコストパフォーマンスの高さには定評があります。 
また、全米ベッドシェア№1の寝具メーカー「Serta(サータ)」と日本で唯一ライセンス契約を結んでいるのがドリームベッド。単なる輸入販売代理店と違い、サータがもつ特許やノウハウのラインセンシー(商品化権)が認められた「サータ・ジャパン」として、自社製造による高品質のマットレスを国内に送り出しています。
さらに、浅田真央や錦織圭が出演するCMで知られるマットレスパット「エアウィーヴ」社とのコラボによる「ネルトニックマットレス」を新たに販売するなど、長年つちかわれた自社のポケットコイル製造技術をベースに、他社の技術やサイエンスを積極的に取り入れた商品開発に努めています。

自社オリジナル、サータともにマットレスのラインナップ充実

社名を冠したオリジナルブランド「ドリームベッド」、前出の「サータ」のほか、ドイツのアップホルスターベッド(布張りベッド)ブランド「ruf(ルフ)」、スタイリッシュなソファで知られるフランスのライフスタイルブランド「ligne roset(リーン・ロゼ)」など、複数のブランドの製品を取り扱っています。
オリジナルのベッドマットレスには、ポケットコイルの形・配列方法・集積数などが異なる7タイプがあり、ソフト~ハードまで好みの寝心地を選ぶことができます。また、ベッドフレームの種類も豊富。デザインコンセプト別に6つのシリーズが用意されています。
もうひとつの主要ブランド「サータ」の商品群では、優れた特徴をもつ“ジェルメモリーフォーム”と呼ばれる素材をポケットコイルに組み合わせた「iSeries(アイ・シリーズ)」のマットレスがイチオシ。マットレスの厚さ、硬さ、価格などが異なる14種類もの製品が揃っています。

夏も冬も快適温度を保つジェル素材入りマットレス

ドリームベッドのマットレスに共通したポケットコイル構造は、面ではなく点で支えることが最大の特徴。体の凸凹に対して、コイルスプリング1つ1つがフィットして優しくサポート。腰、臀部、肩部などにかかりがちな体圧を分散し、どのような寝姿勢でも体のラインに沿った心地よいサポート感が得られる、というわけです。
そんな快適性に加え、サータ「iSeries」のマットレスに詰められた“ジェルメモリーフォーム”は、通気性に優れ、熱がこもりにくい特性が。マットレスの温度上昇を抑え、四季を通して快適な寝床内温度を保ってくれます。
デザイン性の高いベッドフレーム・ラインアップもドリームベッドの自慢。日本に暮らしに合ったロースタイルの「ECORL(エコラル(」シリーズ、和モダンテイストの「Mugen(ムゲン)」シリーズなど、シンプルでスタイリッシュなベッドを探している人におすすめしたい商品が数々揃っています。

人気の家具はコレ

ドリームポケット ノーマル[F1]デラックス

ポケットコイルの快適性を追及したドリームベッドオリジナルのマットレスの中で、“ほどよい硬さ”に位置する人気商品。シングルで定価7万円台という価格は、他社のポケットコイル型マットレスと比べてリーズナブルでもあります。

サータ「iSeries」ノーマルBOXトップ

サータブランドの高品質なマットレスの中でも、硬すぎず柔らかすぎず、頃合いのよいサポート感が好評。最も荷重がかかる腰・臀部と腰かけることが多いマットレスの両サイドを、ほかの部分より線径が太いポケットコイルを配列して補強。ヘタリが少なく耐久性に優れる点もセールスポイントです。

ベッドフレーム「エコラル 278」

本体の高さ13㎝、シンプルでくつろぎ感のあるデザインが素敵なロースタイルベッド。ヘッドボード部は芯材入りのクッションのようなつくりでリクライニングが可能。ファブリックカラーを選ぶこともできます。

ドリームベッドの家具をアウトレット価格で買える家具店はこちら

かねたや

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたや引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細

IDC大塚家具

有明本社のショールームは日本最大級!ミドル~アッパークラスの家具をお買い得価格で購入したい人におすすめです。

IDC大塚家具引用元:IDC大塚家具
(http://www.idc-otsuka.jp/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。