引用元:マルケイ木工(http://www.marukei-woodworks.co.jp/index.html)

マルケイ木工

「美しい家具を作りたい。」という創業以来、変わらない想いをコンセプトにしているマルケイ木工。装飾などの外見が美しいというわけではなく、購入した人と過ごす年月をともに彩って美しくなってほしいという意味があるそうです。
創業当時からブライダル家具を中心に高級家具を製作してきましたが、一般住宅のフルオーダーや店舗・オフィス・福祉施設など、今ではさまざまな空間創りを手掛けているマルケイ木工。一瞬のモノではなく、愛され続けてもらえる一生のモノでありたいと願い、家具の製作を行なっています。

マルケイ木工の歴史

マルケイ木工は創業者である橘高善助氏が、農業の副業として家具製造業に着手したのがきっかけで誕生しました。 創業当時は橘高木工所と名乗っていましたが、1958年に現在のマルケイ木工株式会社として法人に改組。1962年には全国有料家具店において最高賞にあたる通産大臣賞を受賞するに至っています。
その後は日本のプロダクトデザイナー喜多俊之氏監修のもと、「ブライディ」シリーズや「システムメゾン」シリーズを開発。後者は箱物家具としては史上初となる通産省Gマーク商品に選定されるなど栄えある実績を残しています。
近年ではヴェントシリーズを中国国際家具見本市に出展するなどグローバルな活動も行っており、国内外問わず注目を集める家具メーカーの仲間入りを果たしています。

Deal with約300年の歴史ある繊細で高級な府中家具を提供

もともと婚礼家具で有名な府中家具ですが、食器棚・ベッド・リビング家具・システムキッチンなどのオーダーメイド家具も多数製造しています。「良い家具は良い素材から」というポリシーのもと、素材の持ち味を最大限に活かした加工が特徴です。
愛着を持っていつまでも使える家具であるように、職人の伝統的な技巧を採用。変色や傷を防ぐ役割のほか、「木味」を引き立て、深みや風合いを漂わせる塗装を施します。細部にいたるデザインにまでこだわり、その場にあるだけで心地良さが得られるモノを追求。「素材」「技術」「仕上げ」のすべてにおいて、満足度が高く高級品と評判の家具です。

 Designそれぞれの特長を活かした家具ごとの塗装

何種類かの塗料から、特長を活かした塗装を家具ごとに施しているといいます。ツヤがあり光沢感が続く「エコタイプウレタン塗装」。一般の家具によく使われているもので、傷がつきにくくお手入れが簡単なのが特長です。身体にも優しく、ホルムアルデヒド放散等級が最高基準☆☆☆☆を取得しています。「エコタイプオイル塗料」も同じく最高基準を取得しており、環境や身体に優しい塗料です。年月の経過とともに変わっていく、木の独特な表情を楽しんでいただくために本来の質感を活かしたオイル塗料を使用。人と環境に配慮した塗料選びと塗装法にこだわりを持っています。

 Design空間に溶け込み思い出の中の1ページに残る家具

マルケイ木工には「エムクラフト」という自社ブランドがあります。日常生活で使用する食卓や椅子、机が記憶の隅の思い出に残るような家具としてというのがコンセプトです。その中でも有名なブランドに、dual(デュアル)シリーズがあります。スチールフレームと木製の2つのコンビネーションが見事な、スタイリッシュな家具です。スチールの力強さ、どこかほっとさせる無垢の木のあたたかさの、その2つの特徴を見事に空間に溶け込ませることができており、洗練された空気を部屋にもたらします。どこか懐かしい、でも近代的なデザインは、他にはない雰囲気を与えてくれる他にはない家具です。

 Design公共施設や病院、ホテルで採用されている

エムクラフトの機能性があり洗練されたデザインは、各施設にも採用されていることからも折り紙つきです。病院、学校、図書館、ホテルなど、その空間に溶け込むように設計しています。個人宅でもフルオーダーの家具作りで、素敵な空間づくりをサポートしてくれるので、どんな空間でもぴったりと合わせることが可能です。予算に応じ、その部屋にしっくりと収まるよう職人の手で丁寧に作り上げてくれます。

 Design材木の質に合わせて作られていて人と環境にやさしい

エムクラフトは見た目がシンプルですが、日本の簡素で気配りのある家具としての美しさが溢れています。使用している木材は人と環境にやさしい素材であり、何十年と受け継ぐことのできる本物の材木です。90年以上の経験の蓄積があるからこそできる、本物の材木で材質を生かした家具を制作しています。クルミやモクレン、ブナ、カエデ科などの材木をその性質に合わせて家具に加工するという職人技の光る家具でもあるということです。木材にも性格があり、命が宿っているとして、無駄にせず長く使える家具へと生まれ変わらせているブランドです。

マルケイ木工のショールーム情報

マルケイ木工のショールームは広島県府中市に設立されています。 夏期休暇や年末年始を除いて年中無休で営業していますが、製造メーカーという性質上、担当者がいないこともあります。
そのため、ショールームを訪れる際は事前にメールまたは電話で事前予約をしておきましょう。 ショールームにはアドバイザーが常駐していて、コーディネートやオーダー家具などの相談を請け負っているため、欲しい家具のイメージが湧かないという人にもぴったり。
サイズの微調整やセミオーダーにも対応しているので、気軽に問い合わせてみましょう。

マルケイ木工ショールーム

  • 住所:広島県府中市栗柄町3228
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:無休(夏期休暇、年末年始を除く)

Popularity人気の家具はコレ

M CRAFT「dual sofa 3P leather(デュアルソファー3Pレザー)」

ドイツのシュットニガー社の最高級レザーを使用。デュアルで使用されている革は、素材の品質と風合いをそのまま活かすため、「ピュアアニリン仕上げ」を施しています。革のシボをスタンプして風合いを出す「セミアニリン」や「コレクトグレイン」とは異なる「ピュアアニリン」。本物にこだわった贅沢なナチュラルレザーです。

M CRAFT「dual AV boad(デュアルAVボード)」

ガラスの上に突き板を貼付。正面の扉を閉めてもリモコンが効く仕様になっています。ナチュラルとブラックから木部の仕上げ色が選択可能。無垢ながらもシンプルなデザインは、スペースを美しく演出してくれます。

M CRAFT「dual chair(デュアルチェアー)」

積み重ねができる杢(もく)とスチールが組み合わさったハイブリッドチェア。すらっとしたしなやかなシルエットにスタイリッシュさを感じます。木材はホワイトアッシュを使用。仕上げ色はナチュラルとブラックから選択できます。木が身体を包み込むような優しい座り心地が特徴です。

Reviewsマルケイ木工の口コミ・評判

シンプルで使いやすいダイニングテーブル (30代/男性)

ダイニングテーブルは幅が合って、資格取得の勉強をするのにテキストをたくさん広げても余裕です。これだけの広さならテーブルで一緒に子どもと勉強できるかと思うと、楽しみです。妻は洗面所よりここで化粧するほうが広くていいと、テーブルでメイクしています。夜は仕事机に早変わりするなど、みんながいろいろな目的で使いやすいテーブルです。

木製の箱もの家具が最高な大手メーカー (30代/男性)

昔はタンスメーカーとして有名なメーカーでした。今ではデザイン性のある本物の家具を作るメーカーとして活躍しています。ボードはデザインも機能もすばらしいです。家具の名産地のメーカーとしてふさわしく、木目も美しいです。計算しつくされて作られた家具であり、長く愛用できます。

ショールームの家具はどれも使いやすそう (不明)

マルケイ木工はレイアウトのしやすさや使いやすさ抜群の家具が多いです。品質もいいですが、品ぞろえもよく、ショールームで時間をかけながら探すほうがいいです。店員さんも快く対応してくれて選びやすかったです。おしゃれな家具が多く。どれも魅力的に見えました。

浮遊感あるフォルムで部屋の雰囲気がアップ (30代/女性)

ダイニングテーブルの椅子にデュアルシリーズを使っていますが、そのフォルムが特に気に入っています。スチールのつけ具合のおかげでどこか浮遊感があり、モダンなスタイルが部屋の雰囲気を上げてくれています。我が家にマルケイ木工の家具が置かれてから、家族がダイニングにいる時間が増えました。

ソファもテーブルも感触が最高 (20代/女性)

ソファを使っていますが、素材が心地よいためつい占領してしまいます。いつもここでゴロんと気持ちよく夫婦で過ごしています。マルケイ木工さんは木の感触も素晴らしいです。天板を持って移動したりするときなど、ふと触る度に心地よさを感じます。端も丸みを帯びていて、細部にこだわっているのがよくわかります。

Checkマルケイ木工の家具を買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたや引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。