モーダ・エン・カーサHP引用元:モーダ・エン・カーサ(http://www.modaencasa.jp/)

モーダ・エン・カーサ

ヨーロピアンインテリアを提案する日本のライフスタイルブランド。「moda en casa(モーダ・エン・カーサ)」とはスペイン語で“家の中のファッション”という意味です。
日本在住のデンマーク人オーナーが監修をつとめ、北欧を中心としたヨーロッパ各地のトレンドデザインと、日本の住宅ニーズをミックスさせたファッショナブルな家具を提供。ほか、北欧ブランドの照明やラグも扱っています。
特筆すべきは良心的な価格。上質でデザイン性が高い家具をたくさんの人に楽しんでもらいたいと、グッドプライスで提供。「この素敵な家具がこの値段!?」とうれしくなってしまうコレクションがそろっています。

LDをトータルコーディネートできる家具&照明&ラグ

家具はデンマーク発の「Sketch(スケッチ)」と「WOODEN STORIES(ウッデン・ストーリーズ)」、それに「moda en casaオリジナルコレクション」を加えた3つのブランドを展開。アイテムとしてはダイニングテーブル、リビングテーブル、ダイニングチェア、ソファ、サイドボード&テレビボードが充実しており、「上質な家具をグッドプライスで」のコンセプトにたがわない価格設定。
ダイニングテーブルは15種類のモデルがあり、4~6人でゆったりと囲める長さ150㎝前後のものが7万円台から、リビングテーブルは16モデルあり2万円台からそろっています。ダイニングチェア(18モデル)は1万円~2万円台が中心。ソファは一人掛け用の1シーター、2&2.5シーター、3シーター、カウチタイプ、オットマンなど約20モデル。2~3シータータイプは10万円が中心です。
また、デンマークの照明ブランド「FRANDSEN(フランゼン)」のプロダクトを日本の家庭に紹介。「モーダ・エン・カーサ」の目線でセレクトしたユニークで遊び心があるデザインのペンダント、テーブルスタンド、フロアスタンドなどが1万円台からそろっています。家具、照明に加えて床のコーディネートも提案。デンマーク・コペンハーゲン郊外に拠点を置くハンドメイドラグのブランド「LINIE DESIGN(リニエデザイン)」のコレクションです。ウールやコットンなど自然素材の風合いを生かし、北欧らしいカラーコンビネーションのラグが4万円台から見られます。

北欧家具のエッセンスをシンプルに親しみやすく表現

「Sketch」の家具は“Danish(デニッシュ) design(デザイン)”=“デンマークのデザイン”がコンセプト。デンマーク出身のデザイナー、モートン・ゲオーセンとのコラボレーションによる、北欧家具のエッセンスをよりシンプルに表現したコレクションです。
ゲオーセンの哲学は「良いデザインとは消費者に好かれるものであり、デザイナーのエゴを満たすものであってはならない」というもの。“作品”ではなく“商品”をつくる概念から生まれた家具たちは、古くから北欧家具の名作とされるデザイナーズ家具とは一線を画すなじみやすさが。木肌を活かしたシンプル&ナチュラル、そして楽しさや温かみも感じられる新しい北欧デザイン(ニュー・スカンジナビアン・デザイン)は、私たち日本人の感性に素直にはまります。
もうひとつの「WOODEN STORIES」はソファ専門のブランド。こちらもゲオーセンをはじめ、世界のインテリア業界でトップランナーとして活躍するデザイナーと協同でデザインを開発。“無駄のないシンプルなフォルム”“脚付きの細身で軽快なデザイン”といった北欧ソファの特性を踏襲しつつ、日本人の好みに合うシートの硬さや、日本の住空間に合わせやすいサイズの商品展開も行っています。
ソファのデザインポイントと言えるスマートな脚にはオークの無垢材を使用し、ライト~ダークまで4色の仕上げカラーを用意。張地は約50種類のテキスタイルコレクションから好みの素材感・カラーを選ぶことができます。

人気の家具はコレ

Sketch [ROSKI(ロスキ)]ダイニングテーブル

四隅に丸みをつけた天板+ハの字型のスマートな丸脚。ニュースカンジナビアンを象徴するシンプルで柔らかなデザインのテーブルです。脚も天板もナチュラルなオーク素材の「ALL light oak」と、天板をカフェラテ色(ベージュブラン)に塗装した「oak+latte」の2タイプがあり、ラテカラーのほうがよりおしゃれで人気があります。テーブルの長さは150㎝と比較的大きめですが、どしんと重たい印象はまったくありません。このクオリティとサイズで定価8万5000円(税抜)はお買い得!

Sketch [ AMARO(アマロ)]サイドボード

北欧家具によく見られる“サイドボード”。リビングに置いて生活用品をしまったり、上に雑貨をディスプレイしたり、インテリアのセンスアップと実用性を兼ねた家具として日本でも北欧好きの人に人気上昇中。サイズは幅160㎝と200㎝、カラーは全体が濃い茶色の「dalk oak+carcoal」と、前板が柔らかいラテ色の「walnut+latte」がありますが、イチオシは160㎝のラテ色タイプ。木肌×ラテのツートンカラーのデザインが、モダンすぎず甘すぎずホッとする空気感を醸し出し、空間のアイポイントになること請け合いです。

伸長式ダイニングテーブル[invite(インバイト)]

「moda en casaオリジナルコレクション」の中の1シリーズ〈invite〉の人気可変テーブル。素材はナチュラルなオーク(ライトブラウンカラー)とモダンなウォールナット(ダークブラウンカラー)があり、オークのほうが断然人気が高いそう。サイズは130→180㎝に伸ばせるタイプと、150→190㎝の大型タイプがあり、脚ごと延長する形なので足元が広々。8~10人で囲むことができ、ホームパーティなどで大活躍します。

モーダ・エン・カーサの家具をアウトレット価格で買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。