モーダ・エン・カーサHP引用元:モーダ・エン・カーサ(http://www.modaencasa.jp/)

モーダ・エン・カーサ

ヨーロピアンインテリアを提案する日本のライフスタイルブランド。「moda en casa(モーダ・エン・カーサ)」とはスペイン語で“家の中のファッション”という意味です。
日本在住のデンマーク人オーナーが監修をつとめ、北欧を中心としたヨーロッパ各地のトレンドデザインと、日本の住宅ニーズをミックスさせたファッショナブルな家具を提供。ほか、北欧ブランドの照明やラグも扱っています。
特筆すべきは良心的な価格。上質でデザイン性が高い家具をたくさんの人に楽しんでもらいたいと、グッドプライスで提供。「この素敵な家具がこの値段!?」とうれしくなってしまうコレクションがそろっています。

モーダ・エン・カーサの歴史

モーダ・エン・カーサは日本在住のデンマーク人によって2000年に創業したライフスタイルショップ。
もとはヨーロピアンモダンスタイルを提案するショップとしてスタートしましたが、ブランド名である「moda en casa」には家庭のファッションを提案するアンテナショップという意味も込められています。
創業当初はスカンジナビアを主としたヨーロッパの最新トレンドを発信する立場にいましたが、2004年には自社オリジナル商品の開発に着手し、日本の住環境にあったインテリアの提供を実現。
実際、シンプルもダンスタイルをモットーとしたオリジナルコレクションはヨーロピアンモダンを日本向けにアレンジしたもので、延長式ダイニングテーブルやコーナーソファなどは10年以上のベストセラー商品として愛され続けています。

LDをトータルコーディネートできる家具&照明&ラグ

家具はデンマーク発の「Sketch(スケッチ)」と「WOODEN STORIES(ウッデン・ストーリーズ)」、それに「moda en casaオリジナルコレクション」を加えた3つのブランドを展開。アイテムとしてはダイニングテーブル、リビングテーブル、ダイニングチェア、ソファ、サイドボード&テレビボードが充実しており、「上質な家具をグッドプライスで」のコンセプトにたがわない価格設定。
ダイニングテーブルは15種類のモデルがあり、4~6人でゆったりと囲める長さ150㎝前後のものが7万円台から、リビングテーブルは16モデルあり2万円台からそろっています。ダイニングチェア(18モデル)は1万円~2万円台が中心。ソファは一人掛け用の1シーター、2&2.5シーター、3シーター、カウチタイプ、オットマンなど約20モデル。2~3シータータイプは10万円が中心です。
また、デンマークの照明ブランド「FRANDSEN(フランゼン)」のプロダクトを日本の家庭に紹介。「モーダ・エン・カーサ」の目線でセレクトしたユニークで遊び心があるデザインのペンダント、テーブルスタンド、フロアスタンドなどが1万円台からそろっています。家具、照明に加えて床のコーディネートも提案。デンマーク・コペンハーゲン郊外に拠点を置くハンドメイドラグのブランド「LINIE DESIGN(リニエデザイン)」のコレクションです。ウールやコットンなど自然素材の風合いを生かし、北欧らしいカラーコンビネーションのラグが4万円台から見られます。

北欧家具のエッセンスをシンプルに親しみやすく表現

「Sketch」の家具は“Danish(デニッシュ) design(デザイン)”=“デンマークのデザイン”がコンセプト。デンマーク出身のデザイナー、モートン・ゲオーセンとのコラボレーションによる、北欧家具のエッセンスをよりシンプルに表現したコレクションです。
ゲオーセンの哲学は「良いデザインとは消費者に好かれるものであり、デザイナーのエゴを満たすものであってはならない」というもの。“作品”ではなく“商品”をつくる概念から生まれた家具たちは、古くから北欧家具の名作とされるデザイナーズ家具とは一線を画すなじみやすさが。木肌を活かしたシンプル&ナチュラル、そして楽しさや温かみも感じられる新しい北欧デザイン(ニュー・スカンジナビアン・デザイン)は、私たち日本人の感性に素直にはまります。
もうひとつの「WOODEN STORIES」はソファ専門のブランド。こちらもゲオーセンをはじめ、世界のインテリア業界でトップランナーとして活躍するデザイナーと協同でデザインを開発。“無駄のないシンプルなフォルム”“脚付きの細身で軽快なデザイン”といった北欧ソファの特性を踏襲しつつ、日本人の好みに合うシートの硬さや、日本の住空間に合わせやすいサイズの商品展開も行っています。
ソファのデザインポイントと言えるスマートな脚にはオークの無垢材を使用し、ライト~ダークまで4色の仕上げカラーを用意。張地は約50種類のテキスタイルコレクションから好みの素材感・カラーを選ぶことができます。

4つのブランドをピックアップ!

シンプルでさりげない個性の「Sketch(スケッチ)」

ニュースカンジナビアンの風を感じさせるシンプルなデザインが特徴のブランドです。デンマーク出身のMorten Georgsen氏による「良いデザインとは消費者に好かれ購買につながるもの」という理念のもと、美と必要性を追求した理想的なデザインに仕上げられています。
シンプルな風合いの中にも個性を見せてくれるモダンなインテリアは、数多くのブランドやショップのプロデュースを手がけてきた彼ならではの形であり、何気ない日々の暮らしをさりげなく彩ってくれるはずです。

極上のインテリア「WOODEN STORIES(ウッデン・ストーリーズ)」

世界のインテリア業界で活躍するデンマーク出身のデザイナー、Morten Georgsen氏とTonny Glismand & Karl Rudiger氏の開発によるコレクションです。
柔らかな佇まいと温かみのある風合いが特徴。数多くの賞を受賞し注目を集める二人が織りなす「極上のインテリア」として知られています。ゆったりと包み込んでくれるようなチェアやソファは、自分だけのお気に入りの場所に。個人からファミリーまで、さまざまなシーンに馴染むラインナップとなっています。

スマートでエッジの効いたデザインの「FRANDSEN(フランゼン)」

1968年に創業した、デンマークを代表するライティングブランドです。BENNY FRANDSEN氏をはじめとして、HENRIK PEDERSEN、TOM STEPPなどの有名デザイナーとのコラボレーションで知られています。デンマークらしいスマートなスタイルですが、見る角度で異なる印象を与えるエッジの効いたデザインが特徴です。
シンプルだけど、見たことがない。さりげなく光る個性やこだわりが、見る人の心を惹きつけます。緻密な設計によって織りなす神秘的な光を楽しめるのも人気の秘密です。

伝統的技法の最高級ブランド「LINIE DESIGN(リニエデザイン)」

コペンハーゲンに拠点を置くハンドメイドラグの最高級ブランドです。スカンジナビアを代表するデザイナー達が手掛けるデザインを、熟練の職人たちが伝統的な技法で一枚ずつ丁寧に織り上げます。
使用されるのは厳選された天然素材のウール・コットン。優しさと温かみのあるコットンラグに、北欧らしい色合いがベストマッチしています。シンプルなインテリアを合わせれば、さらに上質な空間を演出できるでしょう。

モーダ・エン・カーサのショールーム情報

モーダ・エン・カーサのショールームは東京と福岡に2つ展開されています。

moda en casa 五反田 TOC ショールーム

  • 住所:東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 4F
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 定休日:水曜日(年末年始除く)

283平米もあるゆったりとしたショールーム。ニュースカンジナビアスタイルの「Sketch」シリーズやオリジナル開発のソファブランド「WOODEN STORIES」など、特に人気の高い家具が配置されています。

moda en casa 福岡 ショールーム

  • 住所:福岡県大川市大字大橋266 協同組合インテリアポート
  • 営業時間:9:00~17:30

東京のショールーム同様、シンプルでありながらスタイリッシュな家具が立ち並ぶ福岡のショールームです。朝早くからオープンしているのでお出かけ前に立ち寄って家具を眺めてみるのもいいですね。

人気の家具はコレ

Sketch [ROSKI(ロスキ)]ダイニングテーブル

四隅に丸みをつけた天板+ハの字型のスマートな丸脚。ニュースカンジナビアンを象徴するシンプルで柔らかなデザインのテーブルです。脚も天板もナチュラルなオーク素材の「ALL light oak」と、天板をカフェラテ色(ベージュブラン)に塗装した「oak+latte」の2タイプがあり、ラテカラーのほうがよりおしゃれで人気があります。テーブルの長さは150㎝と比較的大きめですが、どしんと重たい印象はまったくありません。このクオリティとサイズで定価8万5000円(税抜)はお買い得!

Sketch [ AMARO(アマロ)]サイドボード

北欧家具によく見られる“サイドボード”。リビングに置いて生活用品をしまったり、上に雑貨をディスプレイしたり、インテリアのセンスアップと実用性を兼ねた家具として日本でも北欧好きの人に人気上昇中。サイズは幅160㎝と200㎝、カラーは全体が濃い茶色の「dalk oak+carcoal」と、前板が柔らかいラテ色の「walnut+latte」がありますが、イチオシは160㎝のラテ色タイプ。木肌×ラテのツートンカラーのデザインが、モダンすぎず甘すぎずホッとする空気感を醸し出し、空間のアイポイントになること請け合いです。

伸長式ダイニングテーブル[invite(インバイト)]

「moda en casaオリジナルコレクション」の中の1シリーズ〈invite〉の人気可変テーブル。素材はナチュラルなオーク(ライトブラウンカラー)とモダンなウォールナット(ダークブラウンカラー)があり、オークのほうが断然人気が高いそう。サイズは130→180㎝に伸ばせるタイプと、150→190㎝の大型タイプがあり、脚ごと延長する形なので足元が広々。8~10人で囲むことができ、ホームパーティなどで大活躍します。

Reviewsモーダ・エン・カーサの口コミ・評判

PCデスクにぴったりでした (40代/女性)

シンプルな仕事用デスクを探していたところ、洗練されたデザインのこちらのデスクを発見。リビング続きのワークスペースでしたので、デザインも雰囲気もぴったり。迷わず購入しました。もともと使っていたチェアとの高さも合い、良い買い物をしたと主人に褒められました。

エッジが効いたデザインでお洒落 (30代/男性)

2人掛け用のソファの横にと購入しました。寝室にもフランゼンを使っていたので、品質は心配していませんでしたね。ソファでよく本を読むので、光が拡散しにくい設計のものにしました。足もとの印象もエッジが効いててお気に入りです。

玄関マット用に購入。色使いに惚れ惚れします (40代/女性)

ソファとカウンターが一体型になっている珍しいデザインに一目ぼれしました。カウンターの下に収納がついている点も◎です。自宅にいながらバーにいるような雰囲気を出せるのでとても気に入っています。このソファが来てから、お部屋の雰囲気や使い方が大きく変わりました。今は、ソファ周りを中心に生活しています。

居心地の良い場所 (30代/女性)

一人掛け用のソファがくたびれてきたので、こちらのラウンジチェアを買いました。丸みのあるフォルムが可愛くて一目惚れ。座ると、何かに包まれてるようなふんわり感で、とても居心地が良いです。休みの日は、一日のほとんどをこれに座ってたりします。

極上の質感が評判でした (50代/男性)

モダンなソファをと、こちらを選びました。レンジかレザーかとても迷いましたが、後悔したくなかったのでレザーを選択。想像以上の極上な質感で、大変気に入りました。来客の際も座ってもらったのですが、とても評判良かったですよ。

モーダ・エン・カーサの家具を買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。