パモウナHP引用元:パモウナ(http://www.pamouna.jp/)

パモウナ

名古屋市に本社を構える国産家具メーカー。キッチン収納家具のトップブランドとして知られています。
1990年代、1台で食器もキッチン家電もスッキリと収納できる食器棚「MF」シリーズを発売し大ヒット。2000年代に入り、ワンルームLDKの間取りにオープンキッチンというスタイルに適した、スタイリッシュで空間が有効利用できる壁面収納型の多機能食器棚を数々シリーズ化。
「シンプルであること」「洗練されていること」「機能的であること」「永く使える家具であること」、この4つをパモウナのブランド哲学として、美しさと使い勝手を両立させた大容量の食器棚、いや、食器棚の概念を超えた“キッチン壁面収納家具”といえる製品を提供し続けています。

理想の食器棚がカスタマイズできる豊富な商品群

食器棚のラインナップは約20シリーズあり、特に“ボックスセレクト”と呼ばれるスタイルの4シリーズ(「SC」「KM」「FY」「DL」)は、パモウナブランドの中で上質を極めたクラスネーム「パモウナスーペリアル」が証されたハイエンド商品。壁面収納の上部(上台)、ベース部(下台)ともに、さまざまなデザイン・機能のボックス型収納アイテムを用意。それを空間や収納用途に合わせてカスタマイズし、理想のキッチン収納家具を完成させることができます。
また、リビング収納家具もパモウナの主力商品。壁面全体を収納に生かすことができる大容量の「CA」「SW」シリーズ、カウンタータイプの「YA」シリーズ、シンプルで美しいデザインのテレビボード「VD」「DW」シリーズなどが揃っています。

美しい輝きを放つ「ダイヤモンドハイグロス」

高級家具に用いられる「鏡面仕上げ」と呼ばれる光沢のある塗装技術。パモウナはいち早くそれを食器棚に採用し、現在はさらに進化させた「ダイヤモンドハイグロス」という独自のコーティング技術をすべての収納家具に採用。
スッキリとシンプルで洗練されたフォルムに加え、より美しく透明度の高い光沢感を実現。美観だけでなく、キッチン家具に求められる耐水性、耐汚性、耐摩耗性などにも優れ、調味料の液だれなどを簡単に拭き取ることができるので、末永くキレイに清潔に使い続けることができます。
カラーは一番人気の「パールホワイト」、モダンで高級感がある「ブラックグレイン」をはじめ、60色ものカラーオーダーが可能なシリーズ(「KM」「FY」「DL」など)もあり、まさにデザインと使いやすさを両立させた「機能美」にあふれています。

人気の家具はコレ

〈DL〉シリーズ」

中央のオープン部(家電置き場)以外はすべて扉で隠し、シンプルな美観を高めた最新モデル。上台の奥行きを従来のシリーズより深い46㎝とし、収納量を50%アップ。扉裏に収納パーツを取り付けるなどして奥のものまで出し入れしやすい工夫が凝らされています。

〈SC〉シリーズ

下台の高さ100㎝のハイカウンター設計で、家電の使いやすさをアップ。カウンタートップはダイヤモンドハイクロス天板、天然石の風合いの人造石天板の2種類からチョイス可能。引き戸の棚部分は新機能「ワイドビュー設計」、下部の大型引き出しは鍋のフタまで整然としまえる「リッドスタンド」採用など、見えないところまで細やかな使い勝手が配慮されています。

〈SN〉シリーズ

シックで落ち着いた木肌のデザイン。引き出しの引き手に優しいカーブをプラス。カラーは濃い目のウォールナット、薄め目ホワイトオークの2種類から選べます。高さ178㎝ 奥行き45㎝のコンパクトサイズで、幅は60~100㎝まで複数の収納棚がそろっており、単体で使うもよし、横並びに何台か組み合わせてセットするもよし、スペースに合わせてアレンジできます。

パモウナの家具をアウトレット価格で買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細

多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
家具店の詳細

ルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂
(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。