シギヤマ家具HP引用元:シギヤマ家具(http://www.shigiyama-kagu.co.jp/)

シギヤマ家具

家具産地として名高い福岡県大川市に自社工場を構え、「環境に優しい材質」をモットーに、自然素材を用い、フィニッシュの塗装まで安全性の高い仕上げを施した家具を提供しています。
有名どころは、日本のトップインテリデザイナー・岩倉榮利によるデザイナーズコレクション(「GREEN」、「CITY」シリーズ)。洗練されたデザインでありつつ、日本の住まいに馴染む優しさ、温かさをもつ豊富な商品バリエーションをもって「自然と寄り添うライフスタイル」を提案。
また、機能性・実用性に優れたUV塗装を施した「シギヤマ・オリジナルコレクション」も同社のアイデンティティー。ツヤのある美しい光沢、強固な表面硬度による耐久性に優れ、ベトナムでの生産によるコストパフォーマンスの高さを誇ります。

本当に良い製品を多くの人が使えるプライスで

海外と国内の拠点によりリーズナブルな価格を実現

シギヤマ家具は、「本当によい製品を、より多くの人が使えるプライスで」という企業理念のもと家具の製造にあたっています。その理念を実現するのは日本と海外の2つの拠点。研究・開発、営業、品質管理は国内、生産拠点は海外と拠点を2つに分かつことで、高い品質の使い勝手の良いものをリーズナブルな価格で提供できる環境を整えています。

現場感覚を大切にした商品開発

日本の拠点では、モノづくりを支える現場感覚を大切にしています。製品開発には家具量販店の売り場マネージャー経験者や若手の開発者などがあたり、トレンドと生活のなかで生まれるさまざまなニーズを満たす製品開発を可能にしました。現場感覚を持つクリエーターの発想によって、美しいだけでなく使いやすい家具を作ることを目指しています。

品質はJapan Quality、価格はGLOBAL VALUEを目指す

シギヤマ家具では、日本での研究開発と現地での技術指導によってJapan Qualityを維持しつつ、ベトナムでの生産によってリーズナブルなGLOBAL VALUEを実現しています。日本基準の品質でコスパが高い商品を作れるのは2つの拠点を持つシギヤマ家具ならではの強みです。

自社一貫生産による品質管理

通常では細かくアウトソーシングされている製造工程を、シギヤマ家具ではワンストップで行っています。材料から完成品までの工程を一貫して管理しており、ほとんどの部材を自社で生産しているのです。それぞれの工程で自社スタッフが細かくチェックできるため、履歴もはっきりとわかり、高い品質管理が可能になっています。

独自の物流システム

シギヤマ家具では、東京支社でベトナム間の物流を一元管理しています。ベトナムへの原材料の供給、日本への物流手配まで、自社によって流通を支えるシステムです。日本国内への発送業務も本社の物流部門が行っています。商社や仲介業者を通さない独自のシステムによって、高い品質とリーズナブルな価格を保っているのです。

コンセプトを体現するUV塗装

「環境にやさしい家具作り」をコンセプトとするシギヤマ家具は、クリーンな室内環境を保つ塗装にもこだわっています。

UV塗装とは

UV塗装は美しさと強さ、安全性を誇るシギヤマ家具のアイデンティティとなっています。UV塗装とは基盤の上に特殊な塗料を塗布し、紫外線照射によって硬化する塗装方法です。専用の機械で表面を硬化して、磨き加工を行います。工程の多い方法ですが、手間をかけることで美しさと強靭さにつながるのです。

美しい光沢と工程

艶やかで魅惑的な光沢を出すためには、多くの工程が必要です。素地の加工と下地の研磨を行い、塗装は細かく数回に分けられます。さまざまな塗料を特性に合わせて分けて行い、ポリッシュを最適なタイミングで行うことで、最良の色目を表現しているのです。素地加工から検品までいくつもの工程を経ることで、鏡のような美しい光沢を作り出しています。

耐久性と環境対応性能

UV塗装は美しさだけでなく、耐久性と環境対応性能も両立しています。UV塗装の表面硬度は非常に高く、汚れも付きにくく落としやすくい、加えて耐熱性や耐摩耗性、耐薬品性にも優れていることが特徴です。また、UV塗装に使われる塗料はホルムアルデヒドの放散量が少なく、有機溶剤を放出することもありません。強くて使い勝手が良く、環境もクリーンに保てます。

くつろぎ感あふれるソファや椅子が豊富

岩倉榮利デザインのブランド「GREEN」、「CITY」は、いずれもダイニングテーブル、チェア、ソファ、TVボードなど、インテリア性の高いリビングダイニング空間がコーディネートできるアイテムが豊富。
ダイニングチェアは座面が広めでアーム(肘掛け)付きのもの、ソファは大型~一人掛け用のものまで多くを取り揃え、“くつろげるマイチェア”を求める人にうれしいラインナップ。リビングテーブル、サイドテーブルなども、デザイナーズ家具ならではの個性的でおしゃれな家具を見つけることができます。

“ナチュラル派”から“洗練された都会派”まで網羅

シギヤマの代表ブランド「GREEN」には“YUZU”と“rosemary”の2つのシリーズが。“YUZU”は自然との調和をコンセプトに、ウォールナットやオークの無垢材、本革など上質な素材を使用。ナチュラルで飽きのこないデザインが心地よさを感じさせます。“rosemary”はこころもちモダンな雰囲気を加味した、大人っぽいナチュラルテイストといえそうなデザインが持ち味です。
同じく代表ブランドの「CITY」は、シンプルさを追及した都会派ファニチャー。ソファやダイニングチェアの張り地も黒・白のモノトーンカラーで統一され、洗練されたモダンテイストを醸し出しています。

人気の家具はコレ

GREEN YUZU SOFA C(グリーン ユズ ソファ シー)

上質な素材感、ベーシックなデザインの3人掛けソファ。木部フレームは無垢材で、ウォールナット(濃いめの茶色)とオーク(ナチュラルな木肌)の2タイプから選ぶことができます。張り地はイタリア製の本革を使用。使い込むほどにいい色に褪せていくのも楽しみです。

GREEN rosemary SOFA B(グリーン ローズマリー ソファ ビー)

岩倉榮利デザインの家具のなかでも高い人気を誇る一人掛け用ソファ。木部、張り地の仕様は上記SOFA Cと同様。リビングのほか書斎や寝室などにも適し、ゆったりとくつろげるマイスポットを演出してくれます。

CITY(シティ) LD table・LD chair・LD bench(LDテーブル・LDチェア・LDベンチ)

くつろぐ場所(リビング) と食べる場所(ダイニング)の機能をひとつにまとめた“LDスタイル”の家具は省スペースですみ、コンパクトな空間にうってつけ。「LD table」は一般のダイニングテーブルより高さ(68㎝)を低めに抑え、天板サイズは170㎝と210㎝、材質はウォールナットとオークの2種類。組み合わせ用の椅子として座高が低め(43㎝)の「LD chair」や「LDベンチ」があり、シートや背もたれのクッション性も優れています。

Reviewsシギヤマ家具の口コミ評判

30代/女性/TOWN(タウン)165LDテーブル

テーブルセットを探しており、最初は安価なものを希望していましたが、どうせなら長く使えるものにしようとこちらのテーブルを選びました。存在感のあるどっしりとしたデザインで、触り心地も木の風合いも良かったです。汚れがサッと拭き取れて、子どものいたずら書きもきれいに落ちます。最初の予定とは違いますが、良いものを購入できて満足です。

年齢不明/女性/ABBY アビー ダイニングセット

これまでのテーブルサイズが合わなくなったために購入。サイズを用途に合わせて変えられる点とホワイトベースのモダンな木目調が我が家のインテリアにマッチしたため、選びました。しっかりとした作りで安物に見えないところが良かったです。実際に触って確かめたことで、納得できる買い物ができました。価格について安くはありませんでしたが、大変満足しています。

年齢不明/性別不明/GREEN home style YUZU SOFA LD CHAIR A Designed by IWAKURA EIRI

ウォールナットの木目部分が美しい、すごくステキなダイニングチェアです。角の部分もきれいに面取り処理されていて、快適に使えます。また革はしっかりとしていながらもなめらかな肌ざわりで、品質の高さがうかがえました。ソファの固さもちょうど良かったです。丁寧な仕上がりで、これひとつで高級感のある部屋になった気がします。

シギヤマ家具を買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細

多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
家具店の詳細

ルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。