テンピュールHP引用元:テンピュール・ジャパン(http://jp.tempur.com/)

テンピュール

“テンピュール”のルーツは1970年NASA(米国航空宇宙局)がロケット打ち上げの際、宇宙飛行士の衝撃をやわらげるために開発された素材です。
それを原型に寝具に進化させ、テンピュール製品として販売。従来のスプリング型マットレスとはまったく違う無重量状態のような心地よさ、全身を包み込むような独特のフィット感が大人気となり、2011年にはマットレス・ピローの世界№1の売り上げを誇るトップブランドに成長しました。
日本でも「低反発マットレス イコール テンピュール」として、憧れの寝具のポジションを築いています。

テンピュールの歴史

テンピュールの特殊な素材は、1970年にアメリカの航空宇宙局であるNASAの研究センターで開発された素材がもととなっていて、宇宙飛行士の負担を軽減させるために開発された素材です。 このテンピュールの製造場所にいた科学者たちは、その後もスウェーデンやデンマークの企業や工場と協力して約10年間研究を続け、現在のマットレス用のテンピュール素材を世に送り出しました。
製品が販売されたのは1991年になってからです。販売後すぐに人気を呼び、2001年には北米に進出、さらに世界中で伸び続ける需要に応えるため、デンマークに研究施設や工場を設けています。 今も新たな素材や製品の開発をし続けており、病院などの医療施設、睡眠療法を専門にしている施設で使用されるほど高性能な商品を作っています。世界98ヵ国で販売され、マットレスメーカーとしてはNASAに唯一認定されている企業として不動の地位を築いている会社です。

ベッド用マットレスのほか、敷き布団タイプの薄型も

テンピュールベッド用マットレス(厚さ19㎝以上)には、フィット感・サポート感が異なる3つのコレクション(「オリジナル」・「クラウド」・「センセーション」)が。さらにそれぞれ厚さ違いのタイプを取り揃えており、トータルで14種類の商品から選ぶことができます。
また、手持ちのマットレスや布団に重ねて使える「マットレスパット トッパー」、畳やフローリングに直接敷き布団のように敷いて使える薄型マットレス「フトン」シリーズなどもあり、日本の寝室環境に幅広く対応する商品を提供。低反発枕としてブームを呼んだ「ピロー コレクション」もテンピュールの代名詞といえる商品です。
そのほか、リモコンで背や足元を好みの角度に調整できるベッドフレーム「Zero‐G(ゼロジー)」も販売。寝室でくつろぎテレビを観ることができ、リクライニングベッドの一級品として定評があります。

ひと口に「テンピュール」といっても寝心地さまざま

3つのマットレスコレクションのうち、元祖テンピュール素材を使用した「オリジナル コレクション」はもっとも硬めでサポート力に優れ、厚さ19~27㎝まで5タイプ。「クラウド コレクション」は瞬間的にやわらかく体を包み込んでくれるようなフィット感が特徴で、厚さ19~25㎝まで3タイプ。「センセーション コレクション」は寝返りのしやすさを追及した心地よい弾力性をもち、厚さ19~27㎝まで6タイプ。ベッド用としては以上の14点を揃えています。
一般的な低反発ウレタン素材のマットレスは耐久性が低く、すぐへたったり、沈み込みすぎすぎて体に負担がかかったりしがちですが、テンピュール製品は耐久性が高く、すべてのベッドマットレスに15年保証がついています。
既存のマットレスや布団に重ねる「マットレスパット トッパー」は、厚さ3.5㎝の「トッパーデラックス3.5」と厚さ7.5㎝の「トッパー7」の2種類が。後者は素材の異なるカバーを両面に使用。片面が涼しげでなめらかなダブルシャージー、もう片面がやわらかく温かい素材を採用し、季節や好みで裏返して使うことができます。
敷き布タイプの「フトン」シリーズには、厚さ6㎝の「シンプル」、厚さ8㎝の「ベーシック」、厚さ7.5㎝でカバーに高級感あるベロア素材を使用した「デラックス」があり、いずれも折りたたんでコンパクトに収納することができます。

テンピュールのショールーム情報

テンピュールのショールームは銀座、横浜、神戸、福岡にあり、このうちカタログに掲載されているマットレスが全て展示されているのは銀座のショールーム、フルアイテムが展示され販売も行っているのが神戸のショールームです。アウトレットコーナーがあるのは横浜と福岡のショールームですが、展示や販売に違いが見られます。
テンピュールのスタッフは眠りを専門としたプロとしてコンサルタントの資格を持っています。「眠りコンサルタント」の立場から、睡眠の悩みを解決できる一品を提案してくれるので、単にテンピュール商品を試すだけはないところがテンピュールのショールームの特徴です。 事前予約は特に必要いりませんが、テンピュールメンバーになっておいたほうがショールーム限定の優待サービスを受けられたり、イベント情報を手に入れることができます。

人気の家具はコレ

薄型マットレス〈フトン デラックス〉

「フトン」シリーズのなかで人気が高い商品。床に直接敷くほか、手持ちのベッドフレームに乗せて使うこともでき、「和」「洋」どちらのライフスタイルにもマッチ。5年保証つき。

薄型マットレス〈マットレスパット トッパー デラックス3.5〉

厚さ3.5㎝のテンピュール素材を手持ちのマットレスに重ねるだけで、簡単に寝心地アップ。シングルタイプなら和室に敷き布団に重ねて使うこともできます。3年保証つき。

ベッド用マットレス〈クラウドコレクション〉

マットレスの好みは人それぞれですが、テンピュールマットレスのなかでもやわらかな寝心地を高めたこの商品は、「無重力睡眠」とうたわれる独特のフィット感がもっとも体感できると多くのファンに支持されています。15年の長期保証も信頼感あり。

Reviewsテンピュールの口コミ・評判

薄型マットレス〈フトン デラックス〉 (年齢不明/性別不明)

10年ほど使用を続けています。自分用として購入して以来、家族の分までこのシリーズにそろえました。他のものを使ったことがないため比較はできないのですが、快適に使えていますし、満足しています。

薄型マットレス〈フトン デラックス〉 (30代/男性)

テンピュールは高価だったので、購入までにやや迷いました。でも、実際に使ってみて普通のマットレスとの違いを感じたので、買って良かったと感じています。高かっただけある寝心地に大満足です。

薄型マットレス〈フトン デラックス〉 (50代/女性)

夫のために購入しました。高価なものですが、それだけに寝心地も良く、寝返りを打ちやすくなったそうです。すのこマットの上に敷いて使用しています。ただ、干す代わりに立てかけておこうとすると意外と重くてちょっと大変です。それ以外は満足しています。

薄型マットレス〈フトン デラックス〉 (年齢不明/性別不明)

腰と首の痛みに悩んでおり、布団を変えようと考えていました。以前からテンピュールには興味があったので購入しましたが、体を支える低反発が心地良く、優しく支えられている感じがします。朝の腰の痛みもなくなって、毎日お布団に入るのが楽しみです。

薄型マットレス〈フトン デラックス〉 (30代/女性)

テンピュールの寝心地は以前試してみた時に知っていましたが、高価なために購入は躊躇していました。しかし夫の体の不調が気になったため、ついに購入。大変良かったようで、使用を始めた初日から疲れの取れ方が違うと満足していました。

薄型マットレス〈マットレスパット トッパー デラックス3.5〉 (年齢不明/性別不明)

これまでの薄いマットレスが寝にくかったので、以前から気になっていたテンピュールを選びました。重量があり、しっかりと体を受け止めてくれる感じが気に入っています。5ヶ月ほど経っていますが、理想通りの満足のいく寝心地です。

薄型マットレス〈マットレスパット トッパー デラックス3.5〉 (40代/男性)

沈み込みの心地良さがとても気に入っています。これまではマットレスに敷き布団というスタイルでしたが、こちらに変えてからひどかった肩こりや腰痛も改善され、深い眠りにつけるようになりました。ただ、洗えないことが少し気がかりです。

薄型マットレス〈マットレスパット トッパー デラックス3.5〉 (年齢不明/性別不明)

枕はテンピュールを使っており、興味を持っていたマットレスも購入に踏み切りました。枕の時と同じように体の沈みこみ方が気持ち良く、気に入っています。使い心地だけでなく、値段の面でも満足です。

薄型マットレス〈マットレスパット トッパー デラックス3.5〉 (年齢不明/性別不明)

寝心地を試した際に一目ぼれして購入した、初めての低反発のマットレスです。実際に他のものとどれくらい違うのか比較はできませんが、寝心地は快適でよく眠れているような気がします。

薄型マットレス〈マットレスパット トッパー デラックス3.5〉 (年齢不明/性別不明)

父へのプレゼントとして購入しました。やや薄いような気もしましたが、十分に体を支えることができて、申し分なく使えているようです。自分でも試してみましたが確かに快適。父は腰痛持ちなので、朝起きた時の腰痛予防に役立ててもらえたらと思っています。

テンピュールを買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細

IDC大塚家具

有明本社のショールームは日本最大級!ミドル~アッパークラスの家具をお買い得価格で購入したい人におすすめです。

IDC大塚家具引用元:IDC大塚家具
(http://www.idc-otsuka.jp/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。