ベッドのイメージ

ベッド&寝具ベッド&寝具

人は人生の3分の1は寝ていると言われています。眠りを支えるベッドと寝具は、生活の質を高めるためにとても大切なアイテム。質の良いベッドや寝具の選び方、アウトレット価格で購入するためのポイントをまとめています。

Popularity気になるアウトレット・価格相場は?
ベッド・寝具の人気ブランドをピックアップ!

Pick UP!

Sealy(シーリー)

価格:15万円代~

sealy(シーリー)の画像グローバススタンダードとして世界的に愛されているベッドブランドです。アメリカでは最大手のブランドで創業は1881年と150年近い歴史を誇ります。シーリーの名は世界の一流ホテルで導入されるベッドとしても知られ、最先端技術が使われた眠りを科学したベッドとも称されます。最高レベルのベッドはどんな人にも適する形でフィットするといわれ、高い評価を得ています。豊富なラインナップが通販で購入可能です。
引用元:Sealy(http://jp.sealy.com/)

sealy(シーリー)のベッドを手に入れるならココ!かねたやROOMDECO(ルームデコ)>>

Pick UP!

フランスベッド

価格:3万円代~

フランスベッドの画像なんといっても伝統ある日本で最も知られるベッドメーカーといえばフランスベッド。日本中どこでも見るこのブランドは日本人に最適なベッドを研究し続けています。60年という長い伝統と技術から生まれたフランスベッドの商品は、フレーム、マットレス共に安心と信頼のおすすめメーカーといえます。JIS規格よりさらに厳格なFES規格という独自の品質検査によって高い品質を実施して国内シェア第1位を維持しています。
引用元:フランスベッド(http://interior.francebed.co.jp/products/model.php?k=1&b=0035&t=01&m=023620)

フランスベッドを手に入れるならココ!多慶屋>>

Pick UP!

西川ふとん

価格:4万円代~

西川ふとんの画像布団の日本の老舗ブランドといえば西川。創業は1566年室町時代にさかのぼるといいます。主に布団やマットレスをはじめとして枕などこだわりの寝具を製造販売しています。各店舗にはベッドコンシェルジュを配置して最適なベッドや寝具選びをアドバイスしてくれるというこだわりは質の高い睡眠を追求してきた長い歴史から生まれたスタイルといえるでしょう。グループ会社で東京西川、西川リビング、京都西川として展開しています。
引用元:東京西川公式サイト(http://www.nishikawasangyo.co.jp/r/categories/ベッド/items/6469-SO303-ベッドフレーム)

caution格安&アウトレット家具を購入する場合の注意点

部屋に対してベッドが大きすぎた!という失敗は結構多いそうです。
いくら安くても入らなければ、あるいは部屋の動線も確保できないほど大きすぎるものはNGですね。
ですから部屋の大きさと家具などとのバランスを考えて購入するようにしましょう。
また搬入経路をきちんと通ることも要チェック項目のひとつですよ。
寝心地はベッドごとに違います。同じメーカーでも商品によって違いますから安易にメーカーや名前で決めるのは避けましょう。
できるだけたくさん寝てみていいと思うものに決めるのが無難です。
ベッドメーカーならマットレスにも力を入れているものが多いようですが、家具メーカーだと造りを重視しているケースもあります。
一番大切なのは寝心地ですからいくらデザイン性に優れているとしてもマットレスがよくなければ良い睡眠は得られません。
安くてよさげなベッドはたくさんありますが、耐久性は大丈夫でしょうか。
フレームが弱ければマットレスがいくらよくてもベッドの底が抜けてしまったケースもあるようです。
アウトレットだからといって正規商品と同じとは限りません。
中にはアウトレットように作られたものもありますから、きちんとメーカーと品質を確認した方がいいでしょう。

Chooseあなたの家にあうベッド・寝具の選び方

ベッドフレームは体に合わせたものを選んでください。ベッドサイズはシングル、セミダブル、ダブルなどの大きさの違いがあります。
体格のいい人が狭いベッドでは寝心地も今一つ。それに身長の高い人はロングサイズがおすすめ。
ベッドから足が出てしまう人もいますので広さや長さは体型に合わせたものを選びましょう。
マットレスはいろいろなタイプがありますが、素材や造りによって寝心地が全く違います。
そして表面の張り具合や沈み具合などをチェックします。
触ってみて中のコイルスプリングが触れるものは寝ていても当たってゆっくり眠れないものがあります。
マットレスの硬さや揺れ、沈み込みは人によって好みや感覚が違います。理想は背骨が2~3㎝程度曲がるもの。
沈みすぎると疲れが取れない、腰が痛くなるなどの影響が出ることがあります。
また揺れが大きいものやきしみのある物も避けた方がいいでしょう。
スプリングに現在使われているのは、ポケットコイルかボンネルコイルの2種類です。
コイルによって寝心地が違いますので実際に寝てみて好みのタイプを確認してくださいね。
寝具はベッドと同様に安らぎの眠りのために大切なものです。

  • 掛布団
    軽くフィットするものがおすすめです。羽毛や真綿がおすすめです。
    また覆っている生地もこだわって肌触りの良いものを選びましょう。
  • 敷布団
    横になった時に背骨に無理のない自然な形になる物を選びます。
    重さや圧力を分散してくれるものが理想で、クッション性の高い物を選びましょう。
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。