ベッドのイメージ

ベッド&寝具ベッド

ベッドは疲れた身体を回復させるための重要なアイテム。睡眠の質が、起きているあいだの生活時間の質を決めていると言っても過言ではありません。ベッドは大きな買い物ですので、失敗のないようにしっかりと比較検討し、慎重に選ぶことが大切です。

Popularityあなたに合ったベッドの賢い選び方とは?

checkシチュエーションに合ったベッド選びが大切!

どんなベッドが最適かは、使う人の暮らしのシチュエーションによって大きく左右されます。
たとえば、ファミリー世帯なのか、それとも単身世帯なのか?家で過ごすことが多いか、外出派か?など、家族構成や生活の傾向よって最適なベッドは変わってくるのです。
シチュエーションを考慮することで、部屋に対しての適正なベッドのサイズや、あなたの生活スタイルにマッチした品質レベルなどを客観的に判断することができます。

checkシチュエーション別ベッドの価格相場

シチュエーション別にベッドを比べたとき、だいたいの価格相場とはどれくらいなのでしょうか?
ファミリー向けのベッドだと、安いもので5万円~10万円台、少しハイクラスなものでは20万円~30万円程度の品物が人気です。単身向けのベッドの場合は、およそ5万円台~20万円に収まるのが一般的です。
決して安い買い物ではありませんが、展示即売会を利用したり、訳あり品や新古品のなかからお気に入りを選び購入したりすれば、良いベッドをリーズナブルに手に入れることもできます。

生活リズムの違いに配慮したベッドとは

家族世帯の方であれば、夫婦が寝るダブルやクイーンサイズのベッドを検討している場合が多いのではないでしょうか。1つのベッドに複数人が寝る場合、眠るタイミングが異なると、後からベッドに入った人が先に寝ている人を起こしてしまいます。乗り降りしても、浮き沈みが穏やかなマットレス使用のものを選ぶと良いでしょう。

子育て家庭に適したベッドとは

子育て家庭の睡眠事情は、子どもの誕生や成長にあわせて毎年目まぐるしく変化していきます。何度もベッドを買い替えるのは大変なため、子どもが成長しても家族で長く使えるベッドを選んでおくと安心です。大小2つのベッドを重ね合わせて収納できる「親子ベッド」や、複数のベッドを組み合わせて1つのベッドとして使用できる「連結ベッド」など、ファミリー向け製品が近年注目されています。

ファミリー世帯用ベッドの適切なサイズとは

ファミリー世帯では、夫婦や夫婦+子どもが一緒に寝るために、ダブルやクイーンサイズなどの大きなベッドが選ばれるケースが多々あります。しかし、ベッドは大きければ大きいほど良いというものでもありません。部屋のサイズに対して大きすぎるベッドを選んでしまうと部屋の動線が悪くなり、生活しづらい環境になってしまいます。部屋のサイズと家族構成の双方を考慮しながら、家族みんなが納得できるベッドを決めると良いでしょう。

住居とベッド選びの関係とは

大きめサイズのベッドを購入することが多いファミリー世帯。その場合に気をつけておきたいポイントが、ベッドの搬入経路です。大型のベッドは住宅のドアや廊下の角を通りきれずに搬入できないことがあるため、ベッド選びの際は搬入経路の寸法や、ベッドが分解可能かどうかなどを確認のうえで判断すると良いでしょう。

ファミリーにおすすめのベッド

Pick UP!

フランスベッド

引用元:フランスベッド株式会社(http://www.francebed.co.jp/)

シェアNo.1の人気ブランド
ランスベッドとは、国内シェアNo.1の老舗ベッドブランドです。その社名からフランスの会社かと思われがちですが、実は創業約70年の歴史を持つ日本の企業。豊富な経験のなかで培われてきた独自の技術によって、日本人の骨格やライフスタイルに即した高品質のベッドを多数販売しています。
元々は車両のシートのメーカーとして創業しただけあって、ベッドとしての寝心地だけではなく、手入れのしやすさ、ビジュアルの美しさなど数々の要素にこだわりぬいた、総合力の高いベッドを提供しています。

寝返りでも揺れないこだわりのマットレス
フランスベッド製のマットレスは、細かなこだわりが随所に光る逸品です。1本の長い針金を高い密度で変形させスプリング化した「高密度連続スプリング」は、身体の重みを分散させて面で支えてくれるため、マットレス全体に適度な硬さを与えます。乗り降りや寝返りによる揺れが小さく抑えられているので、一緒に寝ている人の眠りを邪魔しません。また、身体がベッドに沈み込まないことによって自然な寝返りが打ちやすく、スッキリした目覚め感覚が得られるのも大きな特徴です。
また、睡眠環境の湿度を適度な水準に保ってくれるという、お肌の敏感な赤ちゃんや女性にとっては嬉しい機能を備えたマットレスも用意されています。1日のうちでおよそ3分の1という長時間を過ごすベッドだからこそ、こういった細やかなこだわりの有無が生活の質を大きく左右する場合もあります。

優れたデザイン性のフレーム
フランスベッドのフレームは、高級木材の質感を十分にいかしたハイクラスなデザインのものが主流です。しっとりと落ち着いたツヤのあるフレームは、どんな内装のお部屋でも主役級の存在感を放ってくれます。
あるいは、カントリー調の素朴な木材を利用したものや、人気の北欧スタイルのもの、デコラティブな化粧板を大胆に配したものなど、デザイン性に優れた個性的なラインナップも魅力的です。フランスベッドのベッドは、心地の良い家族の暮らしづくりを担ってくれるのはもちろんのこと、お部屋の印象をガラリと変える刺激的なアクセントにもなってくれることでしょう。

Pick UP!

日本ベッド

日本ベッドの画像

引用元:日本ベッド製造株式会社(http://nihonbed.com/)

気品漂う伝統の老舗ブランド
日本ベッドとは、1926年に創業した日本最古のベッドメーカーです。皇室や迎賓館にも製品を献上した歴史あるブランドで、気品と機能性を両立した良質な製品を1世紀近くもの長いあいだ、日本の家庭に提供し続けています。
まだ日本の眠りの環境が「畳と布団」であった大正時代、イギリスの寝室に感銘を受け「日本にベッドで眠る文化を広めたい」と志した1人の日本人男性によって設立されました。その高い志を引き継ぎ、今もベッドを単なる家具としてではなく新たなライフスタイルの一部として提案しています。

2種のマットレスから好みで選べる
日本ベッドでは、「シルキー」と「ビーズ」の二つのマットレスを販売しています。「シルキー」は細かな1200個のコイルを密に配置したマットレスで、身体の重みをふんわりと支える柔らかい寝心地が特徴です。やや大きめのコイルを使用した「ビーズ」は安定感に優れ、ご夫婦とお子さん3人で寝ても全員の体重を分散しながらしっかりと支えてくれます。日本ベッドが使用しているコイルは特殊な熱処理加工が施されているため耐久性が高く、万が一お子さんが飛んだり跳ねたりしてもなかなかスプリングがへたらず長持ちしてくれるので安心です。

長く使えるモダンなベッドフレーム
日本ベッドのフレームは、シンプルでモダンな造形のものが売れ筋です。木目調やファブリック調のものから、熟練した職人が手仕事で仕上げる牛本革のフレームまでそのスタイルはさまざま。美観にこだわりながらも、お部屋の中で目立ちすぎることのない、上質で落ち着いた雰囲気の製品が多数用意されています。ご家族のライフスタイルの変化に合わせて、お部屋のインテリアの趣味も変わっていくものですが、日本ベッドのフレームは、お部屋のコーディネートが変化してもずっと長く使っていける普遍的なスタイルが魅力です。

単身者向けベッド選びのポイント

単身者ならではのこだわりのベッド選びとは

単身の方にとってのベッドとは、1日のお仕事を頑張った身体を労るやすらぎの場です。自分へのご褒美として、少し奮発して上質なベッドを選択するのも良いかもしれません。1人用のシングルからセミダブルのサイズなら、ハイクラスのベッドでも比較的お値段も安く入手することができます。

自分の身体に合ったベッド選びとは

骨格や身長は人それぞれのため、どのようなベッドが適しているかは使う人によって大きく異なってきます。マットレスの沈み方や寝返りのうちやすさ、乗り降りのしやすさなど、実際に製品に寝てみたうえで、自分の身体にマッチするものを選ぶのがベストです。

収納も兼ね備えたベッドとは

単身世帯は住居に備え付けの収納スペースが小さい場合も多いため、ベッドの下部に収納機能を備えたものを選択すると便利です。デッドスペースを有効活用できるのに加えて、ホコリも溜まりにくくなるため掃除の手間もカットできます

単身者におすすめのベッド

Pick UP!

Sealy(シーリー)

引用元:テンピュール・シーリー(http://jp.sealy.com/)

アメリカ発の大手メーカー
シーリーはアメリカの大手ベッドメーカーです。19世紀末の創業以来、130年以上もの歴史を積み重ねてきた老舗ブランドであり、積み重ねてきたキャリアと確かな技術によって磨きぬかれたその製品は、世界中の一流ホテルでも採用されています。

医学的に研究された寝心地のよいマット
シーリーは、ベッド業界内でいち早く医学の専門家と共同開発を行ったメーカーです。整形外科医の協力のもと、人間が寝ている体勢のときどのように圧力がかかるのかを徹底的に研究し、どんな人が寝ても理想的な姿勢が保てるマットレスを実現しています。ホテルなどの不特定多数の方が寝るベッドに採用され、高評価を得ているのがその証拠と言えるでしょう。

馴染みやすいスマートなデザイン
シーリーのベッドフレームは、無駄のないスマートなフォルムのものが売れ筋です。飽きがこないシンプルで上質なそのデザインは、どんなお部屋にもすんなり馴染んでくれる雰囲気をまとっています。お引っ越しなどでお部屋が変わっても違和感なく長く使用できることでしょう。

Pick UP!

RUF(ルフ)

RUFのマルチコンフォートタイプの画像

引用元:RUF-BETTEN(http://www.ruf-betten.jp/)

世界で使われているドイツのベッドブランド
ルフは、約100年の歴史を持つドイツのベッドメーカーです。ものづくりの国ドイツで発祥したブランドだけあって、熟練したマイスターたちの誠実な手仕事によって作られるベッドは機能性とデザイン性の双方で定評があり、現在世界51カ国の国々で愛用されています。

豊富なラインナップから選べるマットレス
ルフのマットレスはソフトとハードの二種類があり、さらにそれぞれの品質はスタンダードからロイヤル、スーパーロイヤルまでの3段階に分類されています。さまざまな寝心地のものがラインナップされているため実際に試し、しっくりとくるものを見つけてみてください。

フレームはファブリック素材
ルフのフレームは、高品質の布地を贅沢に使用したアップホルスターベッドです。上質な素材を使用したファブリックはどれも手触りが良く、耐久性にも優れています。素材や色あいには多種多様なバリエーションが用意されているため、インテリアに格別のこだわりのある方でもきっと理想の品物が見つかることでしょう。

幕張メッセ家具大バザールかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。