カーテンイメージ画像

カーテンカーテン

カーテンはお部屋の印象を決めるだけでなく、快適性も左右する重要なアイテムです。素敵なお部屋をデザインするためには、デザインと機能性を兼ね備えたカーテンでなくてはいけません。自分の理想とするカーテンがどんなものか考えながら、たくさんの品物を見てじっくりと選択しましょう。

カーテンの生地には素材や織り方、色柄が豊富にありますが、同じ生地でもヒダの取り方でイメージががらりと変わります。また、機能性カーテンの種類もさまざま。部屋の位置や窓の向き、用途によって適した機能のある生地を選ぶことで、快適な住空間となるでしょう。

Popularityあなたに合った賢いカーテンの選び方とは?

新築の際には全ての部屋にカーテンが必要になります。カーテン選びで失敗しないコツは、部屋のインテリアテイストを統一すること。高級感のあるジャガード織りは凹凸のある立体的な模様が特徴的で、ワンランク上のお部屋を演出します。カラフルなプリント生地のカーテンは、カジュアルテイストなインテリアにぴったり。ドレープカーテンだけではなく、シェードスタイルで飾る窓辺も素敵です。機能性カーテンは部屋の用途によって使い分けましょう。また、スタイル別や機能別の価格相場も把握しておくと選びやすいです。

checkシチュエーションに合ったカーテン選びが大切!

暮らしやすいお部屋をつくりだすためには、生活のシチュエーションに合ったカーテンを選ぶように心がけましょう。 たとえば、家族世帯では、昼間に在室することが多いリビングに遮熱性やUVカット性能に優れたカーテンを使用すると夏でも快適に過ごせますし、子ども部屋には遮光性のあるカーテンを使用することで夜もぐっすりと眠れることでしょう。
単身世帯の方は、とことんデザイン性にこだわってカーテンを選ぶのも1つの選択肢です。

checkシチュエーション別カーテンの価格相場

家族向けのカーテンでは、1万円台の手頃なものから、多彩な機能を備えた5万円程度のハイクラス品まで幅広く人気があります。一方、単身世帯向けのカーテンは1万円~2万円程度のスタンダードなものが主流のようです。
カーテンはデザインや性能によって価格帯が幅広くなっています。展示即売会で購入したり、お手頃な価格の新古品や訳アリ品を狙ったりすることで良質なカーテンをお安く入手する方法もあるため賢く利用しましょう。

家族向けカーテン選びのポイント

光を遮って快適な眠りを作る

家族の寝室のカーテンには、外からの光の侵入を遮ってくれる遮光性のあるものがおすすめです。窓のそばに街灯があって子どもがなかなか寝付けず、両親もぐっすりと休むことができないといった場合には重宝するでしょう。カーテンの遮光等級は3級から1級までの3等級です。この等級を表示するためには、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が定める基準値を満たす必要があります。3級でも99%以上の光を遮ってくれるため、一般の用途では十分な性能です。家族世帯では3級か2級を選択するとよいでしょう。

夏でも冬でも過ごしやすいお部屋に

昼間でも子どもと保護者が在宅していることが多い家族世帯では、昼間の快適性が大変重要になってきます。遮熱性やUVカット性能を備えたカーテンは、太陽の熱や紫外線の侵入を遮ってくれるため、夏の暑さが軽減されるでしょう。またUVカットのカーテンには家具や床材を日焼けから守ってくれる効果もあります。
反対に冬場に重宝するものとしては、お部屋の熱を外に逃さない保温性能のあるカーテンがあげられます。シーズンによって付け替えることで、1年を通して快適なお部屋となるでしょう。

お手入れのしやすさに注目

人の出入りや窓の開け閉めが多い家族世帯では、どうしても外のホコリなどによってカーテンも汚れやすくなります。身体のデリケートな小さい子どものために、お部屋はいつも清潔に保ちたいものでしょう。そこで自宅で気軽に洗濯できるウォッシャブルタイプのカーテンを選んでおくと安心です。何度も洗ってもカーテンの形が変わることのない、形状記憶性能があるとなお良いでしょう。また、汚れをつきにくくする防汚加工やはっ水加工のもの、ホコリの付着をおさえてくれる制電性を備えた機能性の高い製品も販売されています。

ファミリーにおすすめのカーテン

Pick UP!

タチカワブラインド

引用元:立川ブラインド工業株式会社(http://www.blind.co.jp/)

快適な空間をサポート
タチカワブラインドは、ブラインドやロールスクリーン、間仕切りなどを主力製品とするインテリア用品メーカーです。「より快適な居住空間づくり」を目指して、さまざまなタイプの商品を精力的に研究開発しています。

プライバシーに考慮したブラインド
タチカワブラインドでは、社名にもなっているブラインド製品が人気です。左右に開く縦型ブラインドであれば一般的なカーテンと同じようなイメージで使用できますし、上下に開く横型ブラインドの場合は、室内の目隠しをしながら適度な採光もできるという一石二鳥な使い方ができて大変便利です。また、ブラインド自体に適度な重みがあるため、窓を開けても風でバタバタとなびかないのも利点のひとつといえます。

ファミリーにぴったりのカジュアルなデザイン
ブラインドというと事務所などに使用されるイメージがあり、一般家庭には合わないのでは?と考える方もいるかもしれませんが、一般家庭向けのカジュアルなデザインの製品も多数ラインナップされているため全く違和感なく使用できます。タチカワブラインドでは、自分好みの色のスラット(板)を1枚1枚組み合わせて、自由なデザインでオーダーメイドのブラインドを作ることも可能。理想のデザインを自分で作ることができるのは、カーテンにはないブラインドならではの大きな魅力でしょう。お部屋の用途やイメージに合わせて自在に室内を演出してみてください。

汚れにくくお手入れ簡単
ブラインドは薄手のアルミでできたスラット(板)をつなぎあわせたものです。普通のファブリック製のカーテンとは違い、染みや臭いがつくこともありません。ホコリが溜まっても布などでサッと拭くだけで元通りに綺麗になるため、カーテンに比べて圧倒的にお手入れが楽です。
また、開け閉めが安全に行える減速降下機能を搭載したものや、遮光性能の高いものなどさまざまな高機能製品も揃っています。

Pick UP!

パーフェクトスペースカーテン館

パーフェクトスペースカーテン館のブリリアントの画像

引用元:株式会社Twenty(http://www.rakuten.co.jp/perfect-space-c/info.html)

ネットで作れるオーダーメイドカーテン専門店
パーフェクトスペースカーテン館とは、ネット店舗を中心に展開するオーダーメイドカーテン専門店です。色柄のバリエーションが多彩で、その品揃えの豊富さは思わずどれを選んでいいか悩んでしまうほど。「こんなデザインのカーテンが欲しい」というイメージがすでに固まっている方は、パーフェクトスペースカーテン館で理想のカーテンをじっくりと探すと良いかもしれません。

窓のサイズにぴったりのカーテンが買える
パーフェクトスペースカーテン館のカーテンは、お好みの布地を選んで、幅や丈、縫製タイプを選択して注文する完全オーダーメイドになっています。1つ1つの窓のサイズにぴったりのカーテンをわざわざ探して買う必要がないため、家中のカーテンを楽に揃えられるという点が人気の理由のひとつです。

シンプルで合わせやすい無地デザイン
パーフェクトスペースカーテン館のカーテンは、多種多様なデザインの布地から選択することができます。なかでも人気なのは42色もの無地の生地から選べるオーダーメイドカーテン「ブリリアント」シリーズ。シンプルかつスタンダードな印象でお部屋の雰囲気を邪魔せず、ほどよいアクセントになってくれる製品です。タッセルだけを色違いにすることもできるため、まるで洋服をコーディネートするかのように自由にお部屋の雰囲気を演出することができます。
また、縫製タイプにはスタンダード、デラックス、スーパーデラックス、フラットなどがあるので、カーテンの色柄や部屋の雰囲気によって自由にお好みのカーテンを注文してみてください。

あると便利な機能を網羅
パーフェクトスペースカーテン館のカーテンは、遮光性・遮熱保温性、防炎加工、形状記憶加工など基本的な性能をしっかりと備えています。自宅の洗濯機で丸洗いできるウォッシャブルタイプのものもあるため、うっかり汚してしまっても安心です。

単身者向けカーテン選びのポイント

自分に合った機能のカーテン

在宅する時間の短い単身世帯の場合、自宅でお手入れをする手間はできる限り省きたいものでしょう。汚れのつきにくい防汚加工のカーテンであれば、お手入れにかかる面倒を最小限にすることが可能です。また、抗菌・消臭性能のあるカーテンや、花粉を部屋の中に飛散させない花粉吸着加工タイプのカーテン、外から室内が見えないミラー効果のあるカーテンなど、さまざまな特殊性能をもつ高機能カーテンが販売されています。自分のライフスタイルに合った性能のものを選択してみてください。

部屋と調和するデザインにこだわる

カーテンはお部屋の印象を大きく左右するインテリアのひとつです。デザインにとことんこだわって、お部屋のイメージにぴったりな理想のカーテンを見つけるのも1つの選択肢です。最近では国内外の著名なデザイナーやアーティストがデザインした、スタイリッシュなカーテンも数多く販売されています。好きなデザインのカーテンをいくつか揃えておいてシーズンによって付け替えるのも、お部屋の雰囲気がガラリと変わって良いかもしれません。

単身者におすすめのカーテン

Pick UP!

IDEE(イデー)

IDEEのカーテンの画像

引用元:株式会社イデー(http://www.idee.co.jp/)

センスあふれるセレクトショップ
イデーとは、毎日の暮らしをより魅力的なものにすることをコンセプトとしたセレクトショップです。オリジナル家具を中心に、国内外から買い付けたハイセンスなインテリアや雑貨を販売しています。

バリエーション豊かな品揃え
イデーでは、カーテンや縦型・横型ブラインド、ローマンシェード、ロールスクリーンなど窓まわりの製品を一通り取り揃えています。なかでもカーテンは豊富な種類のファブリックから好きなものを選んでオーダーできるため、自分好みのものが見つかりやすく人気です。インテリアセレクトショップならではのセンスが光るカーテンは、お部屋のインテリアを美しくまとめ上げてくれるでしょう。
また、珍しい木製のウッドブラインドが販売されているのもイデーの魅力の1つ。カラーは60色を超える豊富なバリエーションのなかから選択でき、木製ならではの温かみのある雰囲気がお部屋の良いアクセントになります。

Pick UP!

Metaly(メタリー)

引用元:ZIPANGs.com(http://www.1hitorigurashi.com/)

上質なレースカーテンを販売する日本ブランド
メタリーとは、安心して使用できる高品質の製品を提供している、日本の老舗メーカーによって作られたレースカーテンです。

夏冬も快適に過ごせるカーテン
メタリーは生地にアルミ蒸着フィルムを織り込んだレースカーテン。フィルムの効果によって外からの熱を45%という高い割合で遮断してくれるため夏は涼しく、また60%近い保温率によって冬は暖かく過ごすことができます。1年を通して快適な空間をつくりだせるため、シーズンごとにつけ外しする必要もありません。80%以上のUVカット性能も備えているので、フローリングや畳、大切な家具を日光から守ってくれます。
また、メタリーにはミラー効果があることも特徴のひとつです。一般的なレースカーテンは、外から室内が丸見えになるという難点がありますが、メタリーは外から見た時にはまるで鏡のように外の光を反射するため、室内のようすが見えることはありません。プライバシーを守りながらも適度な採光が得られるため、リビングにかけるレースカーテンとして最適です。

checkカーテンの種類によって違う選び方とは?

実際にカーテンを選ぶとなると意外と難しいものです。カーテンを選ぶときはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。カーテンの選び方を解説します。

カーテンの種類

お部屋に合ったカーテンを選びたい方は、どのような種類があるか理解しましょう。カーテンにはどのような種類があるのでしょうか。

ドレープカーテン・レースカーテン

一般的にカーテンと呼ばれているものは、ドレープカーテンとレースカーテンに分かれます。厚手の生地で仕立てたものをドレープカーテン、レースで仕立てたものをレースカーテンといいます。ドレープの語源は「布切れ」で、そこから転じ「垂れ布」、垂れ布をかけたときにできる「ヒダ」を意味する言葉になりました。言葉の意味が分かるとドレープカーテンがどのようなモノかイメージしやすいはずです。

厚手の生地で仕立てられたドレープカーテンは遮光性や保温性に優れます。また、最近では機能素材を用いて遮光性や保温性、防音性、遮音性、吸音性、防炎性などを付加したドレープカーテンも登場しています。最も一般的なカーテンなので、バリエーションやデザインなどは豊富です。

レースカーテンは光を通す点が特徴です。厳しい直射日光を柔らかな光に変えてくれます。外からの視線を遮りながら、光を取り入れられる点がメリットです。レースカーテンにも、機能素材を用いて紫外線をカットするものや防音・遮音性に優れるものなどが登場しています。レースカーテンはドレープカーテンとセットで使われることが多いカーテンです。具体的には、室内側にレースカーテン、窓側にドレープカーテンをつけて使われています。幅広く用いられているので、ドレープカーテンと同じくバリエーション、デザインは豊富です。

ドレープカーテン・レースカーテンに共通するメリットは、取り扱いが簡単なことです。ほとんどの商品が家庭で洗えます。レールへの取り付け、レールからの取り外しも簡単です。また、商品のバリエーションが多いので、予算内で様々な選択肢を持てます。誰にでもオススメできるカーテンといえるでしょう。

ブラインド

ブラインドは、スラットと呼ばれる羽根を使い採光などを調整するアイテムです。羽根の素材としてアルミや木などが利用されています。ブラインドには、横向きの羽が縦に並ぶベネチアンブラインドと縦向きの羽が横に並ぶバーチカルブラインドがあります。ベネチアンブラインドは一般的なブラインド、バーチカルブラインドはカーテンのように使用できるブラインドです。

どちらのブラインドを選んでも、羽根の角度を調節することで光の取り入れ方を自由に調整できます。例えば、日差しが厳しい夏は光を遮り、日差しが欲しい冬は光を取り入れることが可能です。もちろん、1日の中で、光の取り入れ方を調整することもできます。同様に、外からの視線もコントロールできます。

ブラインドのメリットは、1つでドレープカーテンとレースカーテンの2役をこなせることです。光と視線を調整する機能は、2つのカーテンより優れていると評価されています。また、窓周りがスッキリする点も魅力です。カーテンのようにもたつくことはありません。

シェード

シェードは、上下に昇降するアイテムです。基本的に、使用する生地はカーテンと同じです。シェードの昇降方法はコード式とドラム式に分かれます。コード式は手元のコードが生地につながっていてコードを引くことで昇降できる方式、ドラム式は操作部(主にチェーン)を引くとヘッドレール内のドラムが回転して昇降コードを巻き取り生地が昇降する方式です。ドラム式は小さな力で生地の昇降が行えます。その反面、昇降コードが絡みやすいといわれています。

上下に昇降するので、上からの日差しや視線を遮りたい窓に適しています。下半分を空ければ、日差しを遮りながら視界を確保することが出来ます。あるいは、あまり開閉しない窓などにも適しています。

シェードのメリットは、カーテンと同じ生地を利用できる点です。カーテンを取り付ける大きな窓とカーテンと取り付けられない小さな窓がある場合、シェードを利用すればお部屋のテイストを揃えられます。生地を垂らすようにセットするので、窓周りがスッキリする点も魅力です。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは、コードを使って布を昇降させるアイテムです。シェードとの違いは、生地をロール状に管理することです。シェードのように、ヒダを作りながら生地をたくし上げることはありません。使用する生地には、様々なバリエーションがあります。ライフスタイルにあわせて選べる点は魅力です。また、サイズにも様々なバリエーションがあります。大きな掃き出し窓はもちろん、小窓、さらにはお部屋の間仕切りなどにも利用できます。生地の昇降方法は、片手で操作するプルコード式と輪になったチェーンで操作するチェーン式に分かれます。一般的に、プルコード式は小さな窓、チェーン式は大きな窓に適しているといわれています。

ロールスクリーンのメリットは、お部屋がスッキリすることです。生地をロール状に管理する特徴がこのメリットを生み出します。ブラインドやシェードよりも、お部屋をスッキリした印象にできます。

オススメのカーテン

カーテンには以上の特徴があります。それぞれどのような方にオススメなのでしょうか。

ドレープカーテン・レースカーテンがオススメの人

様々な種類の中から自分に合ってカーテンを選びたい方やお手入れが楽なカーテンを選びたい方には、ドレープカーテンとレースカーテンの組み合わせがオススメです。デメリットは、カーテンを両側に寄せると窓が狭く見えることです。間取りが狭い部屋は他のタイプのカーテンを選ぶ方がよいかもしれません。

ブランドがオススメの人

ブラインドは光や視線を上手くコントロールしたい方にオススメです。お部屋の雰囲気を大きく変えたい方にも適しているかもしれません。デメリットはやや掃除がしづらいことです。この点が気になる方は他のカーテンを選ぶと良いでしょう。

シェードがオススメの人

ドレープカーテンと同じ生地で小窓を飾りたい方にオススメです。厚手の生地とレースがセットになったツインシェードを選べば、レースだけ下ろして視線を遮りながら光を取り入れることもできます。デメリットは価格がやや高いことです。

ロールスクリーンがオススメの人

窓周りをスッキリさせたい方にオススメです。ドレープカーテン、レースカーテンのもたつきが気になる方に適しているかもしれません。デメリットは、目線を遮りながら光を取り入れることが難しい点です。基本的には、曇りガラスなど視線が気にならない窓に適しています。

カーテンの色選び

お部屋にマッチするカーテンを選びたい方は、カーテンの色にもこだわりましょう。カーテンは面積が大きいので、部屋の印象に大きな影響を与えます。

カーテンを選ぶときに意識したいのが色の比率です。お部屋の色は基本の色となるベースカラー、お部屋の雰囲気を決めるメインカラー、刺し色になるアクセントカラーで構成されます。ベースカラーは壁紙などの色、メインカラーは家具やカーテンの色、アクセントカラーはクッションや小物などの色です。ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーの比率を「70:25:5」にするとまとまりが良くなるといわれています。カーテン色は次の組み合わせを参考にすると良いでしょう。

同一色を組み合わせる

お部屋にある色と同じ色でトーン(明度・彩度)だけ変えたカーテンを組み合わせます。例えば、暗い緑色のある部屋に浅い緑色のカーテンを配置するなどが当てはまります。統一感が出るので失敗しづらいといわれています。

類似色の組み合わせ

お部屋にある色とよく似た色(色相環で左右2色程度)のカーテンを組み合わせます。色の馴染みが良いので落ち着いた印象の部屋になります。

補色を組み合わせる

お部屋にある色と補色(色相環で反対側に位置する色)の関係にあるカーテンを組み合わせます。黄色のクッションがある部屋に青色のカーテンを配置するなどが当てはまります。お部屋の雰囲気にメリハリを付けられます。

家具メッセバザールin幕張メッセかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。