ダイニングテーブル・チェアのイメージ

ダイニングテーブル・チェアダイニングテーブル

長く使う、家族で使う、毎日使う、それがダイニングテーブルとチェアの存在です。ストレスのない楽しい食生活になるための選び方を紹介します。

Popularity気になるアウトレット・価格相場は?
ダイニングテーブル・チェアの人気ブランドをピックアップ!

Pick UP!

モリタインテリア

価格:テーブル/65,800円~ チェア/26,700円~

モリタインテリアの画像品質・技術・材料にこだわり、デザインから生産まで、家具づくりのすべてに思いを込めるモリタインテリアによるダイニングテーブル・チェア。高品質・ハイセンスであることのみならず、末永く使用していける優れたデザイン性能を持っています。また、独自の生産システムにより高品質なこれらの家具はリーズナブル価格。心豊かな住まい空間づくりをもたらしてくれる家具メーカーです。
引用元:モリタインテリア(http://www.moritanet.com/)

モリタインテリアのテーブル・チェアを手に入れるならココ!かねたやROOMDECO(ルームデコ)>>

Pick UP!

unico

アウトレット価格:テーブル/5万円代~ チェア/3万円代~

unicoの画像unicoのシリーズはシンプルモダンテイストのものが主流です。カジュアルなデザインと使いやすさ、価格のお求めやすさが若い人に人気です。シリーズの中でもスチール素材の足と高めの造りでカジュアル観を出したFUNEATシリーズが特に人気。木にはない洗練されたシンプルなスタイルと華奢な中に見せる堅牢な雰囲気が個性的です。やや高めの造りなのでチェアとのセットでより快適に使いこなすことができます。
引用元:unico(http://www.unico-fan.co.jp/f/dsd1-001002021----)

Pick UP!

オークヴィレッジ

アウトレット価格:テーブル/25万円代~ 椅子/5万円代~

oakvの画像飛騨高山の木工作家が手掛けるファニチャーは、木の良さを十分に引き出した人気商品で根強いファンやリピーターの多い商品です。オーダーではなく「あつらえ」という表現で環境との共存をコンセプトに「100年かかって育てた木は100年使えるものに」という思いで制作しています。オークヴィレッジでは家具だけでなく木工小物も制作。木を育てそこから商品づくりを行う姿勢は多くの人に共感され温かな製品にもその思いが感じられます。
引用元:オークヴィレッジ(https://oakv.co.jp/products/furniture2.html)

caution格安&アウトレット家具を購入する場合の注意点

ダイニングテーブルとチェアをアウトレットで購入する際の注意点をあげてみました。
まずは、傷や色あせがないかです。アウトレット商品は展示品や長年在庫として残っていたものもあります。
展示の仕方や扱い方によって傷や色あせがある場合があります。
小さな傷などはそれほど気になりませんが、木の場合には使っているうちに傷に醤油などの色素が入り込んでしまうこともあります。
また布張りのチェアなどはシミや汚れが着いていることもありますので確認しておきましょう。
足にがたつきがないかも重要。テーブルやチェアでは足のがたつきは致命的です。
ネジや接続部分の破損やひびはないかも、必ず自分の目で確認するようにしてください。
大型家具は配送業者が自宅まで配達してくれますが、現地組み立てになる場合もありますので注意が必要。
また現状渡しの場合には設置場所まで搬入できるサイズかも確認した方がいいでしょう。

Chooseあなたの家にあうダイニングテーブル・チェアの選び方

家族全員で食べる食事に欠かせないダイニングテーブルとチェア。
ですからテーブルの上も周囲も狭すぎず大きすぎずの絶妙な大きさが大切。子供の成長にも合わせて考えたチェア選びも大切です。
部屋の雰囲気にマッチしているかもチェック。それぞれのお部屋には独特の雰囲気があるものです。
テーブルやチェアの素材や造りでまったく雰囲気は変わります。
和、洋、アジアンやモダン、北欧、ナチュラル、シンプルなどそれぞれのイメージがありますが、これはもう好みで選んでください。
もちろんチェアとのバランスも大切です。セットではなくてもバランスのよいものを選びましょう。
部屋が狭いのにテーブルだけ大きいというのは非常に使い勝手がわるいものです。
例えば部屋が狭いときは、楕円や円形テーブルにすると使いやすいですよ。
部屋の隅にくっつけて使う場合には四角いものがおすすめです。家族が移動するときに邪魔にならない大きさも考慮してください。

※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。