学習机&チェアのイメージ

学習デスク&チェア学習机

学習机は子どもがひとり静かに集中するための大切な場です。愛する子どもの貴重な幼少時代・青春時代を一緒に過ごす学習机だからこそ、良いものを選んであげたいと思うのが親心でしょう。子どもの好みや使い勝手を考慮しながら、焦らずじっくりと選ぶことが大切になります。

また、学習机は小学校低学年から大人になるまでの長い期間使うものであるため、子どもの成長に対応できるサイズ、収納力などの機能が求められます。子どもの好みや機能性、価格などを総合的に考慮し、バランスの良いものを選びましょう。

Popularity学習机選びのポイント

子供にどのような学習机を選べばよいか分からない方は、次のポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

check十分な作業スペースがある学習机

最初に注意したいポイントが作業スペースの広さです。十分な広さがないと子供の集中力を妨げる原因になってしまいます。机の上に筆箱と教科書、ノートを広げて、さらにプリントを置ければ十分な作業スペースがあるといえます。具体的には、幅120㎝×奥行70㎝以上ある学習机であれば、十分な作業スペースがあるといえるでしょう。

check天板の高さを調整できる学習机

天板の高さを調整できる機能も外せません。子供の身長にあわせて、学習しやすい環境を作る事ができます。体型に合っていない学習机は、目や身体の疲れの原因、姿勢の乱れの原因になります。文部科学省が発表している「平成27年度学校保健統計」によると、小学校1年生から6年生の間に子供の身長は約30㎝(小学校1年生の平均身長は男子116.5㎝、女子115.5㎝、小学校6年生の平均身長は男子145.2㎝、女子146.7㎝)も伸びます。成長段階にあわせて高さを調節できる学習机を選びましょう。

出典:文部科学省:平成27年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について

check収納しやすい学習机

収納のしやすさも重要なチェックポイントです。どこに何をしまったか分からなければ、勉強を始めるまでに時間がかかってしまいます。また、学習机の周りが散らかるので、落ち着いて勉強できなくなります。収納しやすい引き出しがついた学習机はオススメです。前棚については慎重に検討するほうがよいかもしれません。確かに、収納力はアップしますが貴重な作業スペースを奪う恐れがあります。

代わりにオススメなのが、足元の収納です。子供でも重い荷物を収納しやすい上、荷物が増えても作業スペースに影響しません。机の下に棚を設置する場合は、移動できることを確認しましょう。固定の場合は、向かって右側についているか左側についているか注意します。利き腕により適している位置が異なるからです。以上のほかでは、机の横にフックがついている学習机なども便利です。

check長く使えるデザインの学習机

長く使うことを想定すると、学習机のデザインにも注意が必要です。「今の子供が喜ぶデザイン=将来の子供が喜ぶデザイン」とは限りません。どちらを優先するかは価値観次第です。基本的に、シンプルな学習机はいつまでも使えるといわれています。最近では他の家具と馴染みやすいお洒落な学習机なども登場しているので、いろいろと見比べてみると良いかもしれません。

checkニーズにあわせて選ぶ学習机

以上のポイントに注意すれば、満足できる学習机を選べるはずです。さらにこだわりたい方は、子供や親のニーズに合わせてくれる学習机を選ぶと良いでしょう。学習机の中には、天板の広さを調節できるものや机・棚などを自由に組み替えられるものなどがあります。これらを選べば細かなニーズにもこたえられます。例えば、天板の広さを調整できる学習机は、お部屋の大きさに合わせて学習机の大きさを調整したい方にオススメです。机や棚を自由に組み合わせられる学習机は、ライフスタイルにあわせて学習机を進化させたい方などにオススメです。

Popularity学習椅子選びのポイント

学習机と同じく慎重に選びたいのが学習椅子です。どれだけ素晴らしい学習机を購入しても、学習椅子が子供に合っていなければその価値は半減してしまいます。学習椅子はどのようなポイントに注意して選べばよいのでしょうか。

check正しい姿勢で座れる学習椅子

学習椅子選びで最も重要なポイントは、子供が正しい姿勢で座れることです。椅子に深く腰掛けたときに「足の裏が床に着く、背中が背もたれに着く、膝が90度になる」のであれば、正しい姿勢で座れる学習椅子といえます。正しい姿勢で座れる椅子は子供の成長とともに変わります。学習椅子もできるだけ高さを調整できるモノを選びましょう。高さを調整できる机と組み合わせれば、正しい姿勢で学習しやすくなります。座面の奥行きが身体に合わない場合は、奥行きも調整できる学習椅子を選ぶとよいでしょう。

check落ち着いて座れる学習椅子

子供が落ち着いて座っていられることも重要です。学習机に出入りしやすいようにキャスター式・回転式の学習椅子を選んでしまいがちですが、勉強中に身体が動く原因になることがあります。また、小さな子供のおもちゃになることもあります。小さな子供が座る学習椅子は、キャスター式・回転式を避けたほうが無難です。将来的な利便性を考えてキャスター式・回転式を選びたい方は、ストッパー付きのものを選びましょう。

check座り心地の良い学習椅子

もちろん、座り心地も重要です。座り心地が悪いと、落ち着いて勉強できません。クッション性の高い学習椅子などを選びましょう。さらにこだわりたい方は、身体にかかる負担を軽減する人間工学を応用した学習椅子を選ぶとよいかもしれません。快適に勉強できるはずです。

check耐久性の高い学習椅子

ほとんどの子供は、学習机と学習椅子をセットで使い続けます。小学校だけでなく、中学校、高校まで使うと考えられるので、学習椅子も耐久性の高いものを選びましょう。基本的な選び方は学習机と同じです。高品質な素材を使用しているもの、信頼できるメーカーのものは安心して利用できます。加えて、座面のお手入れがしやすければ理想です。

Popularity学習机・学習椅子を選ぶときは安全性にも注意

学習机・学習椅子を選ぶときの共通の注意点が、ホルムアルデヒドなどの化学物質です。ホルムアルデヒドは接着剤などに含まれていることがある成分で、シックハウス症候群の一因とされています。現在では、住宅に使用されることはなくなりましたが、一部の学習机、学習椅子には使用されているといわれています。学習机・学習椅子は子供が使うものなので、安全性についても注意しましょう。

Popularity学習机と学習椅子の相場

選び方が分かったところで気になるのが、学習机と学習椅子の相場です。学習机、学習椅子にも様々なグレードの商品があるので、これが相場と示すことは簡単ではありません。条件を絞り込んで子供が大きくなるまで安心して使えるグレードの学習机・学習椅子の相場とするならば、学習机で8万円~20万円程度、学習椅子で2万円~5万円程度となります。少し高額な印象ですが、大人になるまで使うと考えるとそれほど高くはありません。安価な学習机を何度か買い換えるより経済的になることもあるでしょう。価格が気になる方は、アウトレットの学習机・学習椅子を選ぶとよいかもしれません。型落ち品・展示品などになりますが、品質・機能面に問題はありません。

Popularity我が家に合った学習机の選び方とは?

子どもの小学校入学前に購入するケースが多い学習机は、どんな点に注意して選べば良いのでしょうか。ほかの家具と同様、学習机も長い期間使用するものであるため、子どもの成長に追従できるかが選び方のポイントとなってきます。また、兄弟の有無や子ども部屋の広さによっても変わるもの。素材や機能性、サイズによって価格帯も幅広い学習机ですが、いろいろなタイプの価格相場を確認しておくことも大切です。シチュエーション別の適した机のタイプと、相場価格をご紹介します。

checkシチュエーションに合った学習机選びが大切!

一口に学習机と言ってもその種類はさまざまにあり、家族構成によっても品物選びの基準は若干異なってきます。
たとえば、2人以上の子どもがいる家庭であれば、きょうだい間で学習机を使いまわすのか、それとも人数分購入するのかを考える必要があるでしょう。場合に応じて、何年でも使える丈夫なものを選んだり、人数分を部屋に置いても手狭にならないコンパクトなタイプを選んだりといった工夫が重要になってきます。
また、最近では大人向けのスタイリッシュな事務机風の学習机が増えてきているため、自宅でお仕事をする単身者の方はそういった製品を検討してみると良いでしょう。

checkシチュエーション別学習机の価格相場

子ども向け学習机の価格は、一般的なスペックのもので10万円前後~20万円程度です。基本的に学習机は子どもの小学校入学時から成人前後まで使用する、非常に使用期間の長いアイテムです。したがって、安さを重視して選ぶよりは、使いやすさや品質重視で少し上質なものを購入すると良いでしょう。ハイクラスの品物でも、お求めやすい展示即売品や新古品の掘り出し物と出会えることもあります。
一方で単身者の方向けの大人用学習机は、多彩な収納機能などは付属していないシンプルな製品が主流であり、価格は1万~5万円程度に収まることが多いです。

家族向け学習机選びのポイント

長く使えるもの

子ども用の学習机は、15年から20年弱という長い間使用するものです。ペイントが施された木材や合板・集成材を使用したものでは使っていくうちに経年劣化が目立ってきてしまうため、できれば傷みの出にくい無垢の木材を用いた製品がベターといえます。無垢の木材を使った机なら、きちんとお手入れをしていれば使うほどに味わいが増し、子ども部屋の良いアクセントになってくれます。素材と同様に、デザインについても注意が必要です。学習机は意外と成人前後まで使い続けるケースが多いので、飽きがこないようにできる限りスタンダードなデザインのものを選んでおくのが良いでしょう。
また、子どもの身体の成長を考慮して、サイズが調節できるタイプの学習机を購入すると安心です。一部の製品はイスだけでなく机本体の天板の高さも自在に調節可能のため、常にジャストサイズで使い続けることができます。

収納力の高い付属パーツのあるタイプ

学習机は単に勉強だけに使うものではありません。絵の具や書道セット、習い事用品、本、工作・絵・作文・写真といった学校生活の思い出の品など、学習机周りに収納しておきたいものはたくさんあります。引き出しに十分な収納力があることは必須条件ですが、それ以外にも足元に収納するキャビネットや机の脇に設置するシェルフがあれば、たまにしか使わないものを保管するのに大いに役立つでしょう。

購入の際は早めに行動を

学習机は小学校の入学に合わせて購入されるケースが多いため、冬~春には品薄の状態になります。人気の品物から順に売り切れてしまうため、良い製品をゲットしたい場合は秋ごろからリサーチを開始したほうが良いでしょう。

ファミリーにおすすめの学習机

Pick UP!

カリモク家具

カリモク家具の学習机の画像

引用元:カリモク家具株式会社(http://www.karimoku.co.jp/)

幅広い年代に愛される家具メーカー
カリモク家具とは、愛知県に本社を置く家具メーカーです。オリジナル家具やインテリアの設計・製造から卸売までを一貫して行うスタイルで、家具メーカーとしては最大規模を誇る業界トップ企業。正式名称は「刈谷木材工業」で、その名の通り木材の温かみを活かした家具を得意としています。創業からおよそ80年間という長い歴史のなかで積み上げてきた高い技術力と豊かな知見により、子どもから大人まで年代を問わずに愛用される上質な家具づくりを実現しています。

木材のよさを引き出す自然な美しさ
カリモク家具の学習机は、何と言っても木材自身が持つ自然体の美しさが魅力です。「刈谷木材工業」というカリモク家具本来の名前の通り、木材の取扱いについてのスペシャリストであることは言うに及びません。乾燥による割れや歪みを防ぎ品質を安定させるため、家具になる前の木材はいくつもの工程を経てしっかりと乾燥処理を施されています。その丁寧なものづくりの甲斐あって、カリモク家具の学習机は経年による劣化が少ないのが特徴です。子どもの成長と共に、味わいも増していきます。

長く使えるシンプルなデザイン
カリモク家具の学習机は、木材ならではのナチュラルな風合いを活かしたシンプルなものがほとんどです。子ども向けの製品であっても決して幼稚になりすぎないため、お部屋のインテリアの邪魔にならず、近年注目されている「リビング学習」にも最適でしょう。

徹底的にこだわった使い心地
カリモク家具は、「イスの座り心地」について並々ならぬ熱意を持っている家具メーカーです。もともと欧米の家具であったイスを日本人にも使いやすいものへと変えるべく、日本人の骨格や座ったときの姿勢について徹底的にデータを集め、日夜研究を続けています。学習机のユーザーである子どもは、背骨や足腰などの身体の重要な骨格がまだ不安定な時期です。健康な正しい姿勢をサポートしてくれる良質なイスと学習机を使うことは、子どもの将来に対する投資といえるでしょう。

 

Pick UP!

オカムラ

オカムラの学習机の画像

引用元:株式会社岡村製作所(http://www.okamura.co.jp/)

機能性・実用性に定評
オカムラとは、事務用イスなどのオフィス向け家具を中心に製造を行っている家具メーカーです。機能性と実用性にこだわった家具づくりを長年続けてきたオカムラの製品は、どれも使う人の心地よさを第一に考えて作られており、小さな子どもの学習机としてはもちろん、子どもが成人して以降のお仕事用デスクにも適しています。一度購入してしまえば、年代や使用シーンを問わず長く愛用することができる製品といえるでしょう。

使い方に合わせて機能を選択
オカムラの学習机には10種類前後のシリーズがありますが、なかでも売れ筋なのは男の子向けの「NOVEL」シリーズと、女の子向けの「PRETTIA」シリーズです。これらは高さ調節タイプと広さ調節タイプの、2種類の構造を持つ製品が発売されています。身長の大幅な伸びが予想される男の子であれば高さ調節タイプ、たくさんの習い事をして学習机をフル活用したい女の子は広さ調節タイプなど、使い方に応じて好きなタイプを選べるのが嬉しいポイントです。

好みに合わせて選べる豊富なラインナップ
オカムラの学習机は、幅広いテイストの製品をラインナップしていることが大きな魅力でしょう。性別を問わず好まれるカントリー風のスタイルから、女の子らしいハートのモチーフを取り入れたものやピンク色のもの、男の子らしいシャープなダークブラウンを配色したものなど、どんな子どもでも好みのものが見つかるような多様な製品展開がされています。

子どもの成長に合った学習環境を提供
オカムラ製の学習机は、他社に比べて天板の高さを調節可能な製品の品揃えが豊富な点がポイントです。子どもの身長は小学校の6年間だけでも40センチ近く伸びます。適切な姿勢で学習机に向かうことは質の高い学習習慣にもつながるため、大切な子どもが学習に集中することができるよう、天板高調節タイプの商品を選ぶことをおすすめします。

単身者向け学習机選びのポイント

機能性で選ぶ

自宅でデスクワークをする方なら特に、机周りの環境は仕事のクオリティを左右する重要な要素になります。書類が散らからないようにある程度の広さがあるもの、コンセント付きのもの、ケーブルや電源コードなどをすっきりまとめられるものがおすすめです。長時間座って作業をすることを前提とするなら、腰が痛くならない上質なチェアと、チェアとの高さがぴったり合ったデスクは必要不可欠でしょう。実際に販売店に足を運んで、試しながら自分の身体に合ったものを探すのもひとつの手です。

デザインで選ぶ

大人が使う学習机はデザインも重要です。インテリアの調和を壊さないようなスタイリッシュなもの、あるいは今注目されている北欧風のシンプルモダンな雰囲気のものなどが人気を博しています。あるいは、自分のお仕事環境への先行投資として、思い切ってマホガニーなどの高級木材を使用したハイクラスな書斎机を購入しても良いかもしれません。自分の好みに合った机は、間違いなくお仕事へ向かうモチベーションを上げてくれるでしょう。

単身者におすすめの学習机

Pick UP!

ニトリ

ニトリの学習机の画像

引用元:株式会社ニトリ(http://www.nitori.co.jp/)

リーズナブルな価格設定
ニトリとは、お求めやすい価格で「お値段以上」のクオリティの多種多様な製品を提供している、家具・インテリア・ホームファッションの総合メーカーです。スタンダードなデザインのものが多いため、他のインテリアとぶつかり合うことなく、どんなお部屋にも自然になじんでくれます。

ニトリの製品
ニトリの学習机はその安さが魅力です。最もシンプルなものでは5,000円以内、より高機能のものでも2~5万円以内でデスクとチェアを揃えることができます。ニトリの製品の圧倒的な安さの秘密は、その流通方法にあります。海外で原料を買い付け、そのまま海外の工場で製品を生産し、それを日本へ輸入する形式を取ることで、他社の追随を許さないコストパフォーマンスを実現しているのです。

好みに合わせて選べる豊富なラインナップ
オカムラの学習机は、幅広いテイストの製品をラインナップしていることが大きな魅力でしょう。性別を問わず好まれるカントリー風のスタイルから、女の子らしいハートのモチーフを取り入れたものやピンク色のもの、男の子らしいシャープなダークブラウンを配色したものなど、どんな子どもでも好みのものが見つかるような多様な製品展開がされています。

ニトリのデザイン
ニトリの学習机には、高級感溢れるダークカラーのものや、一風変わったスチール素材のもの、カントリー風のものなど、さまざまなテイストのデザインがあります。どれも基本的にお求めやすい価格になっているため、一定期間ごとに買い替えて気分転換を図っても良いでしょう。

家具メッセバザールin幕張メッセかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。