HOME » あなたの家にピッタリな家具の探し方を教えます » リビングテーブル・サイドテーブル

リビングテーブル・サイドテーブルのイメージ

リビングテーブル・サイドテーブルリビングテーブル・サイドテーブル

リビングでのくつろぎの時間を、より使いやすいものにするために欠かせない、リビングテーブル・サイドテーブルはどのように選ぶべきか、ポイントをご紹介していきます。

Popularity気になるアウトレット・価格相場は?
リビングテーブルやサイドテーブルの人気ブランドをピックアップ!

Pick UP!

CRUSH CRASH PROJECT

アウトレット相場:4万円代~

CRUSH CRASH PROJECTの画像最近若い人に大人気のブランドです。福岡の大川家具「関家具」ブランドでシンプルでニレの古材を使った味わいのある存在感が古さと新しさを表現しています。古材だからこそ出る風合いは手作りのよさと一品一品に表れる違った表情と質感が世界に一つだけという優越感さえも味わうことができます。それぞれにちょっとした工夫やユーモアも加えられ、使う人目線で作られた使い勝手も良い商品としての魅力に定評があります。
引用元:CRUSH CRASH PROJECT(http://www.crashproject.jp/ec/shop/html/products/detail.php?product_id=1256)

関家具のテーブルを手に入れるならココ!かねたやROOMDECO(ルームデコ)>>

Pick UP!

FLYMEe Noir

アウトレット相場:6万円代~

FLYMEe Noirの画像エコロジーとモダンでスタイリッシュなデザインにこだわったFLYMEe Noirのテーブルは、シンプルさと使い勝手で幅広い年代に人気の商品です。大人の雰囲気が漂い高級感あふれる造りで、リビングを上質な空間へと変えてくれます。再生アルミニウム製のパーツを使うことでエコロジーにも配慮。何度でも使える無垢のアルミニウムは経年劣化や歪みの心配はなくお手入れも簡単です。モダンなデザインのテーブルは大人心をくすぐります。
引用元:FLYMEe(http://flymee.jp/product/6306/)

Pick UP!

a.depeche

アウトレット相場:3万円代~

a.depecheの画像ノートパソコンや雑誌、本などを読むために重宝するサイドテーブルは使いやすさと自由度が大切。シンプルなものが人気な中でも特にa.depecheのサイドテーブルは懐かしさが感じられる商品です。素材の持つ味わいを十分に活かしながら最良かつ最小限のデザインは無駄を省き使いやすさと使う人の生活に溶け込む柔らかい雰囲気を追求しています。男性っぽさに女性らしさも感じられるソコフシリーズはa.depecheの人気シリーズとなっています。
引用元:a.depeche(http://www.karimoku60.com/products/05/)

caution格安&アウトレット家具を購入する場合の注意点

リビングやサイドテーブルのアウトレット品や格安品は展示品や過剰在庫品がほとんどです。
特に展示品の場合には展示の際にできた傷や凹みがないか確認します。
大きなダメージがなければ問題なく使えるでしょう。
中には予期せぬ負荷かかかったことによるひびやネジの緩みなどが隠れていることもあります。
現物を確認してがたつきがないか、細かなひびやネジなどの付属品は揃っているかを確認してください。
格安だからアウトレット品に対して送料に大きな金額を請求される場合があるようです。
特に通販や配送の場合は送料を確認することをお勧めします。
商品によってはお店独自のアフターサービスや、メーカーのサービスを受けられるものもありますので確認しておきましょう。

Chooseあなたの家にあうソファの選び方

リビングテーブルやサイドサイドテーブルは、毎日使うものだから何よりも使いやすさを重視したいものです。
まずは高さをチェック。お茶を飲んだり本を読んだりとテーブルは頻繁に使うものです。
特に家族みんなが集まるリビングで使うならなおさら使いやすいさは重要視したいですね。
この時重要なのがテーブルの高さです。高くても低くても使いにくいですね。
またソファや椅子の座面の高さと比較して低すぎると足がぶつかったり上下の動きがしづらくて邪魔になります。
一般的には座面+5㎝くらい、ただし食事もするなら座面+8㎝以上がおすすめです。
数字だけではなかなかイメージしにくいものなので実際に座ってみて選ぶといいですね。
天板のサイズも、部屋に対して大きすぎたり家族の人数に対して小さすぎても使いにくいですね。
リビングは家族みんなで使うものですから家族全員が揃った時をイメージして大きさを選ぶといいでしょう。
バタフライタイプのようにサイズを変更できるものもありますから検討してみてくださいね。
サイドテーブルはメインテーブルと違ってちょっとした使い方がポイント。ですから大きすぎても小さすぎてもダメ。
置く場所のスペースや置きたいものをイメージして購入するといいでしょう。高さ調節があるものもおすすめです。

※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。