ソファのイメージ

ソファのイメージソファ

リビングの中心的な存在として、重要な役割を果たしているソファ。家族の団らんやリラックスタイムには欠かせないアイテムといえるでしょう。ここではソファの購入に失敗しないよう、選ぶときのポイントを多数ご紹介しています。

Popularity絶対失敗しない!お気に入りのソファの選び方とは

checkシチュエーションに合ったソファ選びが大切!

朝の寝起きや、疲れて仕事から帰ったとき、休日のゆったりとした時間など、どんなときでもくつろぎを与えてくれるソファ。リビングの中心ともいえる存在のため、選び方には細心の注意を払う必要があります。では、どんな風にソファを選ぶべきなのでしょうか。ここでおすすめしたいのは、自分のライフスタイルや日々のシチュエーションを考えて選ぶことです。たとえば現在、どんな暮らしをしているか思い浮かべてみてください。家族で暮らしている方と単身で暮らしている方では、ソファに求めるものが変わってきます。自分のライフスタイルやシチュエーションに合わせたソファを選び、日々の生活を快適にしましょう。

checkシチュエーション別ソファの価格相場

ソファにはさまざまな大きさや素材があり、選び方によってその選択肢は大きく広がりますたとえば単身の方であれば1~2人用サイズのソファを利用することが多く、一人掛けであれば数万円以内に収めることもできます。二人掛けより大きいとなると5万円以上のものが多く、セミオーダーやブランドものになれば10~50万円ほどする場合もあります。しかし、メンテナンスをきちんとすれば長く持つものなので、高すぎるということはないでしょう。また、手ごろに買いたい場合はメーカーの展示即売会を利用したり、新古品や訳あり品を購入したりすることも視野に入れると良いでしょう。

家族向けソファ選びのポイント

家族で一緒に住む家において、ソファを使うのは自分一人ではありません。パートナーや両親、小さな子どもなど、家族の形はさまざまでしょう。つまり、ソファを選ぶときは自分だけでなく、家族のことも考えたデザインにすることが重要になります。

サイズは人数とレイアウトに合わせて

家族で使うソファであれば、三人掛けや組み合わせタイプといった、全員が座れるものが良いでしょう。新婚の方など今後家族が増える予定がある場合は、少し大きめのソファを買うのがベスト。友人などの来客があったときにも便利です。
また、サイズ選びは部屋の大きさやレイアウトによっても変わってきます。たとえば広々としたリビングでテレビなどを気にせずに置く場合は、テーブルをはさんで対面型にする、あるいはL字型に置くことになるでしょう。リビングをコンパクトにしたいのであれば、直列型のソファにして、テレビやテーブルと合わせて並べるのが良いかもしれません。ソファを置く予定の部屋の、レイアウトや大きさを一度確認のうえで選択すると失敗しにくくなります。

子どもがいるのであればビニールなどがよい

サイズの次に気にしておきたいポイントは生地です。ソファの生地は種類が豊富にありますが、選ぶときには家族のことを考慮しておきましょう。たとえば、パートナーや両親と住むのであれば全員大人となるため、少し凝った本革のものでも楽しめることでしょう。しかし、小さな子どもがいるのであれば、汚れても平気な丈夫なビニール生地のソファも視野に入れておくことをおすすめします。せっかく高価なソファを購入しても、買ってすぐに汚れたり破れたりしてしまうのではもったいないためです。

暮らしをイメージして考えよう

休日にパートナーとのんびりしたいのであれば、座り心地や二人でくつろげるサイズかどうかに重点を置いても良いでしょう。しかし、人をよく招き入れたいのであれば座る部分を多めにしたり、革や布でシックなものを選んだりするなど、それぞれのシチュエーションを思い浮かべながら購入することが大切です。ほかにも、子どもや年配の方がいる場合は、シートの高さが低いものを選ぶと安心です。床とも近いため、ソファだけでなくフロアにも座ってくつろぎたいのであれば、こちらが使いやすいといえます。

大きさや生地、シチュエーションをしっかりと考えておけば、失敗することはほとんどありません。ソファ選びの際にはぜひ参考にしてみてください。

ファミリーにおすすめのソファ

Pick UP!

馬場家具

馬場家具のソファの画像

引用元:株式会社馬場家具(http://www.babakagu.co.jp/)

家族の好みやシチュエーションに合わせるデザイン
それぞれのライフスタイルにきちんと寄り添うソファを提案する馬場家具は、「モノ」以上になれるようなソファ作りを目指しています。自分たちの人生に寄り添ってくれるようなソファは、まさに家族で過ごす空間に置くインテリアにぴったりの存在といえるでしょう。< br /> 自分たちの好みや使うシチュエーションに合わせてデザインを選べるため、その家族だけのオリジナルソファを作ることができます。たとえば生地は素材だけで3種類、色合いに至っては100種類以上のなかからチョイスすることが可能です。夫婦二人ならおしゃれな本革、子どもがいて使い勝手のよさが重要であればポリカレザーや布など、選び方にもさまざまな楽しみがあります。

サイズも自由、完全受注生産
馬場家具は完全受注生産であり、創業以来お客様優先主義を貫いています。サイズもさまざまな種類のなかから選ぶことが可能なため、二人暮らしから大人数まで、理想の大きさをオーダーすることができるのです。

安全性の高さに安心
家族で使用する場合は、誰もが何の不安もなく使用できることが最も大切です。一見したたけではソファの安全性はわかりませんが、馬場家具では高湿度や高温の状態でソファを放置し耐久性をチェックしているため、丈夫であることが証明されています。見た目のデザインだけではなく、中身にもこだわりを持って製作されているのです。

職人による手作りが光る
フルオーダーメイドで作られるソファは大量生産とは異なり、長年経験を重ねた職人たちによる手作業が光ります。国産の木材を使い、1枚1枚色合いや風合いが違う生地を見極めながら張りつけ、細やかな気配りで丁寧に作っているからこそ、その家族にしか持てない特別なソファができあがっています。また、徹底して何人かの目でつぶさにチェックがおこなわれているため、高クオリティの品質を保ち続けているのもポイントです。使い心地だけではなく、見た目にも美しい仕上がりが期待されるでしょう。

Pick UP!

FLANNEL SOFA(フランネルソファ)

引用元:株式会社FLANNEL(http://www.flannelsofa.com/)

フランネルでは、使用する人の「理想の暮らし」を目指したソファが作られています。たとえば、帰ってきたとき目に入ってほっとするようなソファがあれば、家族の誰もが嬉しくなるはずです。自宅でゆっくりと団らんが楽しめる、安らぎのデザインや高い品質のアイテムが多数用意されています。

ぱっと目に入ってくる印象的な色合い
フランネルのソファで印象的なのは、その独特な色合いでしょう。やわらかで落ち着いたグリーンやブルー、パープルなど、部屋の印象をほんの少し変えてくれる美しいカラーが揃っています。ほかのメーカーにはない珍しい色も多くありますが、それらは決して奇抜ではなく、部屋に十分になじむものです。インテリアコーディネートに華やかさを添えながら、暖かく家族を出迎えてくれるような色合いといえるでしょう。

セミオーダーで理想の形に
フランネルではソファのセミオーダーが可能となっており、家族の希望に合わせて作ることができます。ソファ自体のデザインだけでも40種類、さらに生地は170種類にまで及び、自分で好みのものを組み合わせればほとんどオリジナルと呼べるソファが完成します。自分の世帯に合わせて大きさや生地を選べるため、まさに家族向きといえるでしょう。どうしてもオリジナルで作りたいというこだわりがあれば、フルオーダーもできます。

サイズバリエーションも豊富
フランネルソファは、生地だけでなく大きさも豊富です。たとえばゆったりとしたデザインで床に近い低めのソファであれば、小さな子どもたちにとっても危険性が少なく安心です。L字型のソファの場合、家族がみんなで座れるため、和やかな休暇を過ごすのにも役立ちます。二人掛けのソファは夫婦の時間をより良いものにし、オットマンをつければ友人との集まりを開くこともできるでしょう。フルオーダーデザインでは、家族の人数やシチュエーションを考慮して希望のサイズで作ることができます。あとで家族が増えることになっても、一人掛けのソファやオットマンなどを加えれば、新しい家族の形をカスタマイズすることができるでしょう。

単身者向けソファ選びのポイント

単身の方がソファを選ぶとき、自分だけの居心地の良いソファを探すことが最も重要になります。ファミリー層に比べてこだわることのできる範囲も広がりますし、自分の理想に合わせた購入が可能です。

一人だからこそ、座り心地を大切に

一番大切なのは、そのソファで自分がきちんとくつろげることです。つまり、座り心地のよさに注目すると選びやすくなります。実際にサンプルなどに座ってみて感覚を確かめれば、自分の好みがわかることでしょう。座ったときのクッションや背もたれの角度、奥行きなどを見定め、自分の好みを探ってみてください。

素材は好きなものをチョイス

一人だからこそ、自分だけの好みで素材を選ぶことができます。たとえば多少手入れが面倒でも、クラシックな雰囲気がただよう高級な革にしても良いですし、使い勝手を重視するのであれば汚れにくい素材を検討することもできます。手ごろなところでは合皮や布製のものもあるため、素材の印象や座り心地を考慮してじっくりと選んでみるのがおすすめです。

使っているところを想像する

具体的に使っているところを思い浮かべると、自分がどんなソファを欲しているかがわかるかもしれません。たとえば、休日にゆっくり読書をするときや、仕事から帰って来て晩酌をするとき、寝転がるとき、友達を呼ぶときなど、どんな風に使いたいかを考えることは、ソファ選びにおいてとても重要な役割を果たします。

単身者におすすめのソファ

Pick UP!

LOWYA(ロウヤ)

引用元:株式会社ベガコーポレーション(https://www.low-ya.com/)

部屋を広く使えるリクライニングソファ
1人暮らしは生活スペースも1人分のため、ソファの選び方によっては部屋が少し狭く感じてしまうこともあります。この場合は、レイアウトや家具を工夫していかに広々と見せるかもポイントとなってくるでしょう。ロウヤではリクライニングができるソファベッドが人気です。ソファベッドであれば、ベッドとくつろぐスペースを同時に満たすことができ、部屋の空間を節約してくれます。

お客さまがあったときにも活用
ベッドとは別に設置する場合でも、友人や家族が泊まりに来た際に役立てることができるでしょう。180㎝あるゆったりとしたサイズは、リラックスするのに最適です。色合いはダークグレーやダークブラウンなどシックで落ち着いたものから、ピンクやミントなどのやさしくかわいらしいものまでバリエーション豊かに揃っています。三人掛けもできる程度の広さのため、一人でのびのびとくつろげるだけでなく、友人を呼び何人かで使用することも可能です。

Pick UP!

unico(ウニコ)

unicoのソファの画像

引用元:株式会社ミサワ(http://www.unico-fan.co.jp/)

コンパクトで邪魔にならない
一人で生活する際に用意するソファは、コンパクトなサイズであるということも大切なポイントです。ウニコでは1~2人掛けのコンパクトなソファが用意されており、単身の部屋でも邪魔にならずに使用することができます。

自分の好きなデザインが選べる
定番カラーとされるのは明るいピンクやグリーンなどインパクトのあるもので、部屋のアクセントにも役立ってくれることでしょう。丸みを持たせた背もたれや細めの脚など、全体的にころっと丸くかわいらしい印象を持たせており、女性にも人気のメーカーです。ソファ単体でも十分に使い勝手が良いですが、オットマンと呼ばれる背もたれなしのソファをセットで購入し足置きにしたり、誰かを招いたときに使用したりしても良いでしょう。

幕張メッセ家具大バザールかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。