テレビボードのイメージ

テレビボードテレビ台

テレビ台を選ぶときどんなことを考えるでしょうか。価格やデザインを重視することもあるかもしれませんが、しっかりとテレビを支えられることが第一。また、収納スペースとしても役立つため、さまざまな観点から見極めることが必要となります。

Popularityテレビ台を選ぶときの気になるポイントとは?

checkシチュエーションに合ったテレビ台選びが大切!

家庭によっては毎日観ることもあるテレビは、リビングの中心的存在ともいえます。それを支えるテレビ台もまた、良く目につくという意味でも重要なインテリアです。せっかくであればお気に入りのテレビ台を見つけ、細部もおろそかにしないインテリアコーディネートを行いましょう。探し方はいろいろありますが、好みや目的、シチュエーションに合わせて探すのがベストです。シチュエーションについては、大きく「世帯家族or単身」の二つに分けて考えると良いでしょう。なぜならテレビ台の機能や大きさは、家族の在り方によって大きく異なるためです。

checkシチュエーション別テレビ台の価格相場

単身のコンパクトなテレビ台であれば、1万円台から購入することができます。収納や大きさにこだわりを持ちたいのであれば、3万ほどは考えておくと良いでしょう。また、オーダーメイドや家族向けの大きなテレビ台になると5~10万円することもあります。希少な素材を使っている場合など、デザインやメーカーによっては10万円以上することも。しかしながら、きちんと家具屋さんに行って新品を購入することだけがすべてではありません。展示即売会に行ったり、訳あり品をチェックしたりすれば、お気に入りのテレビ台が意外な価格で買えることもあるため確認してみましょう。

家族向けテレビ台選びのポイント

家族のだんらんに欠かせないテレビは、全員にとって使い勝手の良い配置にすることが欠かせません。そのためには、テレビ台をどんな大きさでどんなデザインのものにするかが重要になります。家族世帯でテレビ台の購入を考えている方のために、選び方のポイントをご紹介します。

大きさは画面サイズと重さに合わせて

テレビ台を選ぶときに一番重要なのはその大きさです。テレビや部屋とのバランスを考慮しなければなりません。テレビより少し大きめのものを選び、高さはソファやテーブルに合わせましょう。見るときに高すぎたり低すぎたりすると、家族全体のストレスの原因になってしまいます。また、大きさだけでなく重さも把握しておきましょう。テレビ台には重量の制限があるため、きちんと確認しておかないと、購入した後で結局テレビが乗せられないなどといった弊害が起きてしまいます。

電源ケーブルなどの配線がしやすいかどうか

ほかの家具と違い、テレビ台はテレビのコンセントなどAV機器と接続することに留意しなければなりません。配線がしやすいかどうかを確認しておくことはとても重要です。テレビだけではなくDVDプレイヤーやHDD、ゲーム機器なども繋ぐ可能性があります。いくつか配線しても問題なさそうなデザインを探すと良いでしょう。また、ほこりがかぶらないようにコードを中にしまえたり、配線ルートがあらかじめ用意されていたりすると安心です。

収納はどれくらいできるか?

テレビ台選びの際に考えておきたいのが、収納スペースの有無です。家族によってゲーム機やDVD、日用品を並べるなど、テレビ台の収納スペースを使う用途はいろいろと考えることができます。収納がどれくらい必要なのかを考えながら購入すると良いでしょう。

色や素材はまわりの家具に合わせて

色や素材は好きなものを選ぶことができますが、ほかの家具とバランスを取りながらセレクトすると失敗が少ないです。たとえばテーブルや絨毯、床の色などとの組み合わせをなんとなくイメージしておきましょう。上手くイメージできない場合は、木製のものや黒、白といった無難なカラーを選ぶのも一つの案です。

ファミリーにおすすめのテレビ台

Pick UP!

カリモク家具

カリモクのテレビボードの画像

引用元:カリモク家具株式会社(http://www.karimoku.co.jp/)

木材のあたたかみをテレビ台にも
あたたかな木のぬくもりを大切にするカリモクのテレビ台。人と自然にやさしい家具作りをモットーに、さまざまなインテリア用品を作っています。
カリモク家具の一番のポイントは、あたたかな木材の風合いです。木の色合いは明るいものから暗いものまで、自由に選ぶことができます。部屋のレイアウトやリビングテーブル、ソファ、床などの色合いと合わせて選択しましょう。

デザイン性の高さも評判
カリモク家具のテレビ台はデザインが豊富です。人気のQT70モデルは2012年にグッドデザイン賞を受賞するなど、そのデザイン性の高さも人気の理由の一つとなっています。角度が調整できる半円状のタイプや、和風にも洋風にも合わせやすいモダンなものまで、自由に選ぶことが可能です。

収納力抜群
家族が増えるにつれ、収納スペースも大きいものが必要になってきます。カリモク家具にはシンプルでコンパクトなテレビ台もありますが、幅を取らないにもかかわらず、たっぷりと収納力のあるものも充実しています。組み合わせのできるユニットボードもあるため、部屋のインテリアに合わせてカスタマイズすることも可能でしょう。大きさはさまざまですが、なかにはA4サイズを縦に置けるものもあり、学校で配られるプリントや、仕事の書類をしまうのにぴったりです。

見せると隠すのバランス
テレビ台に収納しておくものは、見せてもいいものや隠しておきたいものなど、その対象が多くあるはずです。カリモク家具のテレビ台では、引き戸やガラス戸、抽斗など収納のデザインも幅広く用意されています。見せる収納や隠す収納、どちらにもバランス良く対応できます。

ほこりが入りにくく安全
テレビ台と壁の隙間をできるだけ排除するデザインや、コードの通り道を設けるなど、火災トラブルにつながってしまうほこり問題を解決する仕組みがしっかりとなされています。お子さんがいる場合は特に、感電などの危ない事故も防ぐことができて安心といえるでしょう。

Pick UP!

朝日木材加工

朝日木材加工のテレビボードの画像

引用元:朝日木材加工(http://www.asahiwood.co.jp/)

本物志向をうならせる質の高い家具
木材を中心に、自然素材をいかしたインテリアを提案する朝日木材加工では、デザイン豊富なテレビ台を多数用意しています。
朝日木材加工では、日本での要望に応えるのはもちろんのこと、欧州でも認められる家具作りに長年努めています。欧州のトップブランドとコラボすることで日本だけでなく世界的にも名声を高め、国内外に通用する本物のクオリティを目指しているのです。家族で長い間親しみを持って使っていく家具としては、申し分のないクオリティを提供し続けています。

二世帯で使えるテレビ台へ
クオリティの高さは無論、木材を使った愛着の湧くデザインもまた、家族世帯にぴったりのテレビ台といえます。自然素材を使い、流行ではなく伝統あるシンプルなデザインを追求することで、親世代も子どもも安心して使える家具となっています。

耐久性が抜群
長いこと使えば経年により劣化するのは仕方のないことですが、せっかく気に入った家具が見つかったのであればできるだけ長期間で使いたいもの。朝日木材加工では試作の段階から強度試験、環境試験を行い、実際に販売するまでにじつに多くのテストをすることで、高い耐久性を図っています。職人たちが何度も実験をして作ったテレビ台なので寿命が長く、親から子へ世代を超えて使うことができます。

人気シリーズが勢ぞろい
朝日木材加工のテレビ台は、メーカーとタイアップしたものや素材にとことんこだわって作ったもの、シンプルなデザインで使い勝手の良いものなど、デザインが豊富です。どれもシリーズとして販売しており好評を博しています。また、製品によってはいくつかのカラーバリエーションも展開しているため、今あるインテリアに合わせて色を選ぶことも可能です。サイズも多岐にわたっており、テレビの大きさや重量によって好みの大きさをチョイスできます。見せる収納や隠す収納のバランスも考慮して、家族好みのものを見つけてみましょう。

単身者向けテレビ台選びのポイント

単身の場合、部屋にもよりますが、テレビ台の役割とともにデザイン性や機能性を見ておくと抜かりないでしょう。

収納が豊富なもの

単身のマンションやアパートでは、収納スペースが限られていることも少なくありません。そこでテレビ台に収納を多く設け、家具の一部として有効活用できるものが人気です。テレビに関係のあるものだけでなく、書籍や日用品などの整理にも役立つでしょう。並べた日用品などをあまり人に見られたくない場合は、扉つきのものを選ぶと使いやすいです。

大きさはテレビに合わせてコンパクトに

単身であれば使っているテレビがそこまで大きくないことも多いため、台についてもコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。部屋を広々と見せることができます。

単身の場合は自分の好みのデザインや大きさを好きに選ぶことができますが、部屋の広さや家具とのバランスを慎重に考える必要があります。

単身者におすすめのテレビ台

Pick UP!

バルバーニ

バルバーニのテレビボードの画像

引用元:株式会社バルバーニ(http://www.valvanne.co.jp/)

安全性が自慢
バルバーニのテレビ台は、機能性とデザイン性に優れたものとなっています。加えて安全性にも気を遣っているため安心して使用することができます。なかでも注目したいのは素材です。ホルムアルデヒドがほとんど発生しないとされる基準を満たしており、JIS(日本工業規格)、JAS(日本農林規格)から認可を得ている国産の素材を使っています。

スマートで大容量の収納
収納はたっぷりと大容量の抽斗を採用。プッシュラッチと呼ばれるデザインで作られており、押せば開閉できるシステムとなっています。そのため、両手がふさがっているときでも楽に開け閉めができ使い勝手がよいです。各抽斗に取っ手がついていないこともポイントとなっており、余計なでっぱりがないぶんすっきりして見えます。
スマートなのは抽斗だけではありません。テレビ台の後ろにはきちんとコードの通り道を作っているため、おもてからはコードが見えることがなく、全体的にスマートな印象を与えられるでしょう。

Pick UP!

ISSEIKI(一生紀)

一世紀のテレビボードの画像

引用元:株式会社一世紀(https://www.isseiki.co.jp/)

理想に合った家具が選べる
管理が行き届いた一生紀の家具は、見た目も使い心地も抜群の製品です。天然の木材を使用しながらもその種類は豊富で、仕上げの塗装もUV塗装やエナメル塗装など幅広く対応をしています。そのため、自分の希望や要望に合わせた家具を選ぶことが可能です。

低価格で高クオリティ
また、単身者にとってなによりうれしいのは価格が手ごろということでしょう。一生紀のテレビ台は、日本人による管理が徹底されたベトナム工場で作られています。ベトナム人の丁寧な手腕をいかすことで、日本で生産するよりもリーズナブルに仕上げることができるうえ、十分に満足の行くクオリティの家具を提案可能なのです。耐久テストや安全性を確かめるテストもしっかりと行い、丈夫で使いやすいテレビ台が多く販売されています。

幕張メッセ家具大バザールかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。