必見!大型バーゲン&アウトレットショールーム情報

家具インテリア
プレミアムバーゲン

ポイント還元も!
特典いろいろの
大型バザール!

家具メッセバザール
in幕張メッセ

日本最大級イベント!有名メーカー家具が
MAX70%オフ!

横浜グランド
インテリアフェア

家具の大正堂主催
開催から10年以上の
人気イベント

ブランド家具の格安&アウトレット情報サイト » 小学校入学前に用意したい!学習机ブランドの特徴をご紹介

学習机&チェアのイメージ

学習デスク&チェア学習机

学習机の素材には天然木が多く利用されていますが、同じ天然木でも、素材によって特徴はさまざまです。また、なかにはコストを抑えて機能性の高い机を作るために、あえて天然木を使わないケースもあります。

価格帯についても、5~7万円程度がボリュームゾーンになっているものの、ブランドによっては、数千円のものから、10万円を超えるものまで多種多様です。このようなブランドによる特徴の違いを知って、ご家庭に合った学習机を選びましょう。

格安価格の学習机ブランド

学習机を買うとなると少なくとも数万円はかかるだろうというのが一般的なイメージだと思います。しかし中には1万円前後で購入することができるメーカーもあります。

Pick UP!

IKEA(イケア)

日本でも大人気の北欧家具のお店「IKEA」。そんなIKEAでは、複数のデスクやチェアが販売されています。子ども用の家具も種類が豊富で、学習机も複数シリーズを展開。日本のメーカーではあまり見られない個性的なデザインのものもあります。小ぶりでシンプルなものが多いため、子どもの体のサイズや子ども部屋のインテリアに合った机を選びましょう。長く使いたいという場合は、PCデスクなどを子ども用の学習机として利用することも可能です。

IKEAの価格帯

IKEAでは学習机が6,999円から買うことができます。やはり価格に関しては断トツです。学習机に限らずどんな家具でもIKEAより安くかうことができるところはないと考えていいでしょう。

北欧家具ならではのデザイン

日本の学習机には、ある程度決まった「パターン」があります。しかし、IKEAの学習机やワークステーションは、このような学習机のパターンとは異なる、北欧のデザインセンスで作られたものです。そのため、ほかのメーカーにはないおしゃれさや、バックパネルにマグネット式のホワイトボードを採用すると言った機能面での独自性が見られます。一方、サイズはコンパクトなものが多く、小さな子ども部屋やキッズスペースでも無理なく使用可能です。

オプションをつけても20,000円前後のコストパフォーマンス

IKEAの学習机の魅力は、その価格にもあります。子ども用の学習机は、大人になると使わなくなってしまったり、邪魔になって扱いに困ったりすることもあるでしょう。それにも関わらず、数万円から数十万円するものも珍しくありません。その点、IKEAのデスクは、数千円から買えるものも多く、キャビネットなどをセットにしても20,000円程度で揃えられるものもあります。IKEAは、手軽に子どものサイズにあったデスクを用意したい方におすすめです。

Pick UP!

MUJI(無印良品)

ナチュラルなテイストでファンも多い「無印良品」では、家具類も多数販売されています。机や椅子などのほか、寝具や家電、棚なども多数展開されており、すべての家具を無印良品ブランドで揃えることも可能。シンプルでスタイリッシュなデザインは、主張しすぎることがないため、ほかの家具との相性も抜群です。価格帯もお手頃なので、セットで揃えても負担になりにくい点も愛される理由のひとつでしょう。

MUJI(無印良品)の価格帯

MUJI(無印良品)では1万円台から5万円ほどで買うことができます。IKEAほどではないですがかなり安い部類です。

シンプルなのが無印

無印には、「子ども専用」の机として売られているものは多くありません。数量限定で「子どもブナ材デスク」が販売されているものの、今後も継続して販売されるのかどうかは不明です。

専用品でないにも関わらず無印良品の机が学習机用として人気なのは、そのシンプルなデザインが魅力的だからでしょう。どこに置いても馴染みやすく、成長してからも使える無印良品の机には、「余計な機能がつけられていないから自分好みに使える」というメリットがあります。反面、収納に関しては別途付属品やキャビネットを購入してフォローする必要があるので注意しましょう。

価格が控えめで手が届きやすい

子どもが小学校に上がるときには、何かとお金がかかるものです。学習机も、決して安い買い物ではありません。無印良品のデスクを学習机として利用することで、こうしたコストを大幅に削減することも可能です。無印良品のデスクは、もともと比較的安価であるうえに、キャビネットや書棚などがついておらず、自分で必要なものだけを購入できます。

中価格帯の高品質な学習机ブランド

少し値段が張ってもいいから、より上質な学習机を選びたいという人は、中価格帯の学習机ブランドを選ぶとよいでしょう。10万円台くらいまで予算を引き上げれば、ワンランク上の学習机を購入することができます。

Pick UP!

KUROGANE(くろがね工作所)

くろがね工作所は、大阪の家具製造・販売会社です。くろがね工作所の学習机の歴史は、1964年に作られたスチール製の机から始まりました。その後、書棚やブックスタンド、ライトつきデスクなど、学習に必要なアイテムを作成し、1977年には、現在の主流となっている木製の学習机を発売。マイナスイオン発生器つきデスクやLEDライトの採用、リビング学習用机など、時代に適した商品開発を精力的に続けている企業です。

馬場家具の価格帯

安いものなら4万円ほどで購入できます。高いものだと10万円前後です。学習机の相場がこのぐらいの価格帯であると考えていいと思います。

「リビングから子ども部屋へ」をアシスト

くろがね工作所の学習机は、付属品の有無によっていろいろな用途に利用できます。子どもが小さいうちは、シンプルな机だけを使ってリビング学習用に、成長してからは付属品を追加して収納力の高い子ども部屋のデスクに…など、組み合わせは自由自在。付属品は後からでも購入できるので初期負担も抑えられます。

「たった1つだけ」を届ける天然木

くろがね工作所の学習机にはさまざまなシリーズがあり、それぞれに適した素材が利用されています。公式ホームページでは、天然木のお手入れ方法やそれぞれの特徴が紹介されているほか、木材から好みの商品を選ぶことも可能。一つひとつ木目の出方が違う天然木の学習机は、自分だけの特別な家具になるはずです。

Pick UP!

カリモク

カリモクの歴史は、1940年開業の木工所から始まります。その後、輸出家具の木製部分を製作するようになり、1962年には「国産家具」の作成をスタート。これが、現在まで続く「カリモク」ブランドの原点です。カリモクでは、木材の品質や加工工程にこだわった家具づくりがなされています。独自品質基準「KGIS」を定め、それに適合する長く使える優れた構造の家具を作り続けている老舗メーカーです。

カリモクの価格帯

価格帯は3万円から15万円ほどです。低価格帯のものからそこそこの価格のものまで幅広くあります。カリモクはアウトレットもあるのでさらに安く購入できる可能性もあります。

洗練されたデザインと品質で選ぶならココ

カリモクの学習机は、机と引き出しなどのパーツをバラバラに組み合わせて注文するスタイルが主流です。シンプルなデザインのデスクは、いわゆる「子ども向け」のものとは一線を画しています。ごまかしの利かないデザインだからこそ、カリモクの魅力や技術が活きていると言えるでしょう。長年培われてきた木工技術と、常に上を目指していく姿勢で作られる家具は、確かな信頼と安心感を使う人に与えてくれるはずです。

シンプルだから長く使える

学習机を学生の間しか使わないのは勿体ないことです。カリモクのデスクは、大学生や社会人になっても使い続けられるシンプルデザイン。さらに、「ずっとサポート」シリーズなら、家具の組み合わせ位置を、年齢や学年が変わっても使いやすいように自由に決められます。また、カリモクの家具は、何工程にも渡る加工を行った天然素材を使用しているため、長年使い続けることによる「狂い」や「割れ」の心配もありません。

高級価格帯の高品質な学習机ブランド

少し値段が張ってもいいからより上質な学習机を選びたいという人は、こちらのブランドがおすすめです。先ほどのブランドより価格帯が若干上です。20万円以上のものもあります。

Pick UP!

HIDA(飛騨産業)

飛騨産業は、1920年に飛騨高山で生まれた会社です。旅人から西洋の加工技術を教えられた現地住民が、その技術と昔ながらの伝統技術、そして、飛騨高山のブナ原生林を利用して、西洋家具メーカーを作りました。その後、飛騨産業は、現在に至るまで日本文化への貢献を続けています。昔ながらの実直な「モノづくり」に対する姿勢と、最新の技術を抵抗なく取り入れる柔軟さを兼ね備えたブランドだと言えるでしょう。

飛騨産業の価格帯

飛騨産業の価格帯は69,000円~158,000円という形です。そこまで高額なものもありませんが安いものでもおよそ7万円という価格帯となっています。

「でっち制度」を導入し世界に通用する職人を育てる

飛騨産業では、2014年に「飛騨職人学舎」を開校しました。仲間たちと寝食を共にしながら、徒弟制度を組んで2年間しっかり木工技術について学びます。卒業後は、本人希望により進路を選択することが可能。また、飛騨産業と飛騨職人学舎は、青年技能者の技能レベルを競う「技能五輪全国大会」の家具部門でも優秀な成績を多数残しています。

オリジナリティのあるデザインで愛着が持てる

飛騨産業の学習机は、木の美しい質感が特徴です。いろいろな木材を使用しているため、バリエーションも豊かで、好みの風合いを選べます。デザインも、いわゆる子ども向けの学習机とは一味違うものばかりです。人とは少し違う個性的な学習机が欲しいという方は、飛騨産業の学習机をチェックしてみてはいかがでしょうか。高品質で長く使えるデザイン揃いなので、子ども時代だけでなく、中学、高校、大学、社会人と、長い間生活を共にできます。

Pick UP!

ACTUS(アクタス)

アクタスは、主にヨーロッパ家具などの輸入販売を行っているインテリアショップです。取り扱っている家具のなかには、オリジナルデザインで作られたものもあります。これらの商品は、日本全国の実店舗やオンラインショップ、シンガポールのパートナーショップなどで購入できます。また、無料でもらえるカタログには、読み物などの「楽しめるコンテンツ」も満載。毎日の生活に役立つ情報が発信されています。

ACTUS(アクタス)の価格帯

安いものは4万円ほどですが高いものだと30万円ほどします。学習机で30万円はかなり高価です。

子どもの居場所をつくる

アクタスの机には、家族の生活のなかに自然に「子どもの居場所」を作れるようなデザインが多く取り入れられています。大規模店だからこそのアンケート調査や、実際の販売実績、ユーザーの声などに耳を傾け、今の時代を生きる家族に最適なデザインや家具の在り方を提案し続けている企業だと言えるでしょう。

とにかくおしゃれ

アクタスの学習机の大きな特徴に、デザイン性の高さがあげられます。それぞれのシリーズで展開されているデスク本体はもちろん、付属できるアイテムも、一つひとつにこだわりが光るデザインです。アクタスはもともと家具販売店ですから、デザイン性にはこだわった学習机づくりがされているということでしょう。個性的ながらも、ほかの家具との調和も取れるアクタスの学習机は「デザインに一目ぼれした」という方もいるほどです。

家具メッセバザールin幕張メッセかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細

※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。