必見!大型バーゲン&アウトレットショールーム情報

家具インテリア
プレミアムバーゲン

ポイント還元も!
特典いろいろの
大型バザール!

家具メッセバザール
in幕張メッセ

日本最大級イベント!有名メーカー家具が
MAX70%オフ!

横浜グランド
インテリアフェア

家具の大正堂主催
開催から10年以上の
人気イベント

ブランド家具の格安&アウトレット情報サイト » お気に入り家具に使われる木材は?特徴などから選んでみよう » 【タモ(アッシュ)材】ナチュラル家具や北欧家具に◎!特徴まとめ

タモ・アッシュ材のイメージ画像

引用元:MUKU工房(https://muku-store.com/)

タモ材(アッシュ材)

ライトブラウンで部屋全体印象が明るくなるタモ材。ナラ材やオーク材に混同されることもあるほど似ているのが特徴です。しかし、木目が様々な形をしていて、独特な雰囲気を持っているため、よく見ると全く異なっています。アッシュ材と呼ばれるものは、ホワイトアッシュを指すことがほとんどのため、タモ材もホワイト系の色をしたものを指すことが一般的となっていますが、厳密にはタモとアッシュは別の木で、アッシュよりもタモの方が木目が細かく詰まっています。

ナチュラルテイストの家具や北欧テイストの家具に取り入れられることが多く、木目を楽しみたい人に向いている木材。

タモ材のメリットは頑丈なところ!

タモ材(アッシュ材)のメリットは以下のとおりです。

  • 落ち着いた木目がオシャレ(杢/もく)
  • 頑丈で変形しにくい
  • 経年変色が少なめ

中身がぎっちりと詰まっているため強くて頑丈なタモ材。その強さから、野球のバットやラケットに使用されるほどです。

経年変化での色合いの移り変わりは、少し黄みがかった色になるのが特徴。パイン材のように濃い色に変化するのではなく、うっすらと黄色くなるイメージです。大きな色の変化を好まない人にも向いているでしょう。

タモ材は木目(杢)が独特で、木目を楽しむために購入する人もいる木材です。タケノコのような先に向かって尖った鋭い印象のある模様やバイオリンのような柔らかいカーブを描いている優しい模様などがあります。

タモ材のデメリットは加工しにくい

タモ材のデメリットは次のとおり。

  • 硬くて頑丈ゆえに加工がしにくい
  • 硬いゆえに加工の際に割れてしまいことがある
  • 価格が高騰してきている

タモ材の硬くて丈夫というメリットが、加工の際にはデメリットとなってしまうようです。加工の際に割れやすいため、細かな模様を彫るといった細工には向きません。タモ材の家具にシンプルなデザインのアイテムが多いのはタモ材の特性のためです。

また、近年は国内のタモ材が価格高騰してきているため、入手しにくくなってきたと言われています。タモ材はロシアから輸入して使われることが多いのですが、現在ロシアから輸入制限がかかり、入ってくる量が一気に減ってしまったためとされています。

これからますます価格が高くなっていくことが予想されるので、タモ材が好みの方は早めに家具を探して購入する方が良いかもしれません。

タモ材はこんなテイストにピッタリ!

シンプルなデザインでなければ加工が難しいタモ材。向いているテイストは以下のとおりです。

  • ナチュラルテイスト
  • 北欧テイスト

加工がしにくくシンプルなデザインの家具が多いため、タナチュラルテイストや北欧テイストにピッタリの家具と言えるでしょう。

タモ材は独特でインパクトのある杢に魅力を感じる人が多い木材なので、無垢材家具や一枚板のテーブルが特にオススメです。

おすすめのタモ材ナチュラル家具

タモ材を使った家具でオススメなのは「リビングテーブル」や「ダイニングテーブル」といった木目を楽しめる家具です。タケノコやバイオリン模様でなくても、はっきりと目立つ木目がついているので、タモ材を使った家具は、存在感があり部屋の雰囲気を大きく変えてくれます。

Pick UP!

家具蔵

家具蔵のテーブルの画像

引用元:家具蔵(https://www.kagura.co.jp/)

【ブランドのポイント】ホワイトアッシュとタモが選べる
無垢材家具を取り扱っている家具蔵(KAGURA)は、オーダーメイド家具で評判のブランドです。さまざまな家具のデザインを選び、好きな木材を選んで家具を決められるので、こだわりたい人におすすめ!また、ホワイトアッシュ材とタモ材を分けてアイテムを作っているのも特徴。透明感のある白みがかったホワイトアッシュと、繊細な木目でありながらどんと構える迫力があるタモ。色合いもほんのり異なり、同じくくりにされているタモとアッシュでもこれほど違うのか、と驚かされるでしょう。

【オススメ家具】ダイニングテーブル
家具蔵のダイニングテーブルはサイズも豊富で、木材の種類も多いので迷ってしまうかもしれません。タモ材のテーブルの特徴は、よく見ると木目がぎっしりで繊細さを感じるのに、凄みがあるというところ。「リビングを通ると必ず目に入る」ようなインパクトがあります。

Pick UP!

旭川家具MUKU工房

MUKU工房のソファの画像

引用元:MUKU工房(https://muku-store.com/)

【ブランドのポイント】木材から家具を選べる
職人が楽しみながら使い勝手の良い家具を、日本の伝統技術を使って作り上げるのがモットーの旭川家具 MUKU工房。公式サイトの商品を見ると、木材が一目で分かるようになっているので、木材から家具を探したい人にピッタリです。また、北海道の第二の都市である旭川は、海外からの木材が集積するエリアでもあります。北欧テイストではありませんが、デザイン性の優れた家具が多く、MUKU工房でも椅子やサイドテーブル等のシンプルでありながら目を引く美しいアイテムがそろいます。

【オススメ家具】タモの迫力と神秘性を感じられるソファ
タモ材独特の木目を感じられるソファ。大胆な節があるのに神秘的な色合いをしているため、繊細さも感じられる不思議なアイテムです。北欧神話に出てくる神秘の木のもとになっているとされるタモ材ならではの存在感です。MUKU工房のソファは一枚板で作られているので、すべてのソファに違った顔があります。お気に入りの一つを見つけられるまでじっくり待つというのも良いかもしれません。

※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやショールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。