デスク&チェアのイメージ

デスク&チェア椅子

毎日座る椅子はこだわりを持って選びたいという人もいると思います。できるだけ親しみを持って長い間使い続けるには、どんな椅子を選ぶべきなのでしょうか?ここでは椅子を購入する際の選ぶポイントを紹介します。

Popularity椅子選びにはこれが欠かせない!失敗しない選び方とは

checkシチュエーションに合った椅子選びが大切!

自分にとって最適な椅子を選ぶには、シチュエーションを考慮することが大切です。シチュエーションにはさまざまな意味合いが含まれますが、一番重要なのは自分がどんなライフスタイルを築いているかということ。家族世帯と単身とでは家具の使い方や求めることが異なります。自分がどちらに身を置いているのかで選び方を変えると失敗が少ないです。これは、購入する際の基準が自分だけの目線になるか、家族も併せた目線になるかで異なるためです。

checkシチュエーション別椅子の価格相場

椅子一脚の価格は1~3万円ほどです。ひじ掛けやクッションなどのオプションをつけたり、素材にこだわったりする場合は5万円以上になることも。単身であれば、1~2脚で済みますが、家族で住むときの食卓の椅子などであれば、4~6脚程度必要になるでしょう。その場合は相場価格×人数分となります。こうした数が必要なものに関しては、展示即売会などで手ごろに購入するのも良い手段といえるでしょう。新古品や訳あり品にも注目です。訳ありといっても、日常使用には問題はないため、チェックしてみるのがおすすめです。

家族向け椅子選びのポイント

家族で椅子の購入を考えている場合、誰がどんなときに使うかを視野に入れながら考えると失敗はなくなります。重要なのは自分だけでなく、家族の誰がどのように使うかを考慮することです。家族みんなにとって使い勝手の良いものを探しましょう。

使用するシチュエーションを考えてみよう

椅子を使う場面は日々のいたるところで見受けられます。たとえば食事するとき、パソコンを触るとき、何か作業をするとき、子どもが勉強をするときなどです。子どもが使うのであれば高さのないものにしたり、複数揃えるのであれば落ち着いたデザインにしたりと、使用するシチュエーションを想像すると選択肢が絞れるため、選びやすくなります。

デスクに合わせたサイズを

椅子は単体で使うことはもちろん、デスクやテーブルと合わせて使う場面も多いでしょう。その場合、使うアイテムに合わせて椅子の高さや大きさを選ぶのが効率的で失敗もありません。パソコンや作業に使うのであればデスクの高さやサイズに合わせ、食事に使うのであればダイニングテーブルと並ぶことを想定するなど、購入前でも椅子の大きさやデザインに見当をつけることはできます。あらかじめ使用したいスペースや高さをチェックしておきましょう。

座り心地はとても大切

座り心地の良さは椅子の使い勝手を左右します。できれば直接椅子を見て、座ってみるようにしましょう。ただし、座り心地が良ければ何を選んでもいいというわけではなく、目的によっても良し悪しは変わってきます。たとえばパソコンを使うなら少し後ろに倒れているものが適しており、勉強するなら前に傾いているほうが使いやすいでしょう。作業するのであれば、リラックスしすぎないよう、シートが過剰にやわらかいものは避けるのがおすすめです。

機能性を考えよう

アームレストがあるものや、姿勢矯正機能があるもの、腰痛持ちの方のために腰をカバーしてくれるものなど、椅子の機能はさまざまです。家族に育ち盛りの子どもや年配の方がいる場合は、このような機能性の高いものを選ぶと良いでしょう。その人に合った椅子を選択することで、長時間座っていても疲れにくくなります。

ファミリーにおすすめの椅子

Pick UP!

カリモク家具

カリモクの椅子の画像

引用元:カリモク家具株式会社(http://www.karimoku.co.jp/)

木製の良さが際立つ
カリモク家具の椅子は「健康」をキーワードにした設計となっており、人間の姿勢に合わせて丁寧に作られています。使い心地が良いために評判も高く、家族の誰もが安心して使える椅子といえるでしょう。
また、木製の温かみある家具が人気の老舗ブランドであるため、椅子にももちろんこだわりの木材を使用しています。見た目にも座り心地にも温かみがあり、家族の団らんやパートナーとのゆったりとしたひとときにも最適です。

自然体で座れる椅子
人間が座ったときの骨格の状態やどんなふうに呼吸をしているかを研究し、身体のつくりに注目したうえでのデザインになっています。もともと人間は立っているのが自然な姿とされており、座るとどうしても体勢が変わってしまうといわれています。それを踏まえて、座っていてもできるだけ自然体でいられるように作られている賢いアイテムです。そのため子どもや年配の方でも、長時間楽に座っていられる設計になっています。

データと職人技で作りこまれた作品
カリモク家具では快適さをデータ解析し、独自の技術によって椅子作りに反映しています。同じデータを持っていても、技術が伴わなければ実際の椅子作りをすることは難しいといわれていますが、カリモク家具はそれを実現できる数少ない企業です。その作りこまれた精度の高さは、一度座ってみると感じられるはずです。

安定したクッション性で、長時間着席も楽に
椅子の座面には特殊な機械でポリエステルメッシュを張り込み、座り心地を良いものにしています。椅子は食事中に腰掛けるだけでなく、読書をしたり作業をしたりと、ときには長時間座ることもあるため、疲れにくさは選ぶうえで重要なポイントです。家族の誰もが長時間座ってもくたびれない椅子にするには、クッション性に注目することが欠かせません。カリモク家具の椅子の背もたれは自然と姿勢がまっすぐ保てるつくりになっており、育ち盛りの子どもにとっても過ごしやすいデザインになっています。

Pick UP!

NORTE(ノルテ)

ノルテの椅子の画像

引用元:有限会社みずのかぐ(http://www.mizuno-kagu.jp/)

やわらか布生地が家族のリラックスへ
ふんわりとやわらかそうな印象を受けるノルテの椅子は、そのデザイン性だけでなく機能性においても優れています。家族で住むからこそ、みんなが心地よく使える椅子を選ぶ必要があるでしょう。ノルテの椅子は、そうした「気持ち良さ」を実現してくれています。
まるでカフェに来たようなやわらかくシンプルでかわいらしい布生地のデザインは、見る人、座る人をほっこりとさせてくれるでしょう。ホワイトオークで作られたフレームも手伝って、木目の床との相性は抜群でしょう。せわしない暮らしのなかで、ほっと一息つくにはぴったりのデザインです。

選べるカラーバリエーション
どんな部屋にも合わせやすいよう、カラーバリエーションが豊富に揃っています。どんな部屋にも合わせられる万能カラーとしてアイボリー、落ち着いたシックなイメージを与えるパープルやネイビー、目を引く色合いで印象づけるオレンジやグリーンなど、家族の好みや部屋の雰囲気に柔軟に合わせることができるでしょう。

木のフレームに置くだけ、人数調整もラクラク
革張りで縫いつけたり、クッションが固定されていたりするものとは違い、こちらの椅子はホワイトオークのフレームにクッションを置くというつくりになっています。家族の人数に合わせてフレームとクッションを購入することができるため、人数調整が簡単にできます。

生地を洗えるから長持ち
フレームにクッションを置くつくりなので、もちろんつけたり取ったりすることが可能です。クッションだけを干したり、生地を洗ったりすることができるため、衛生面に配慮することができます。小さいお子さんがいるとどうしても汚れやすくなってしまい、清潔な状態を保つことが難しくなってしまうものです。しかしノルテの椅子であれば、何度でも洗い替えができるうえに生地を変えればずっと使い続けることができます。気分に合わせてカラーを変えるのも、部屋の印象が変わって良いかもしれません。

単身者向け椅子選びのポイント

単身で椅子を購入する場合は使うのが自分一人であるため、どれだけ自身に合った椅子を探せるかがカギです。

色や素材は全体のレイアウトに合わせる

色や素材は好みのものを選ぶのが一番ですが、家具全体のバランスやレイアウトを考える必要もあります。購入後、椅子だけが浮いてしまったり、場所を取りすぎて邪魔になったりしないよう、部屋のスペースや一緒に使うデスクなどを考慮した大きさ、デザインのものを選びましょう。

使い心地とデザイン性のバランス

革生地でデザイン性の高い椅子は人気がありますが、使い勝手の点から考えると非の打ちどころがないとはいえません。便利な機能性があるわけではないため、長時間座るのには向いていないといわれています。しかしながら、自分だけのお気に入りの椅子として購入するのであれば、デザイン性を重視することも一つの選択肢です。使い勝手や機能性の高いものを選ぶのも良いですし、多少使い勝手に不自由があっても長時間座らないのであれば、デザイン性の高いものを選ぶというのも素敵な買い方でしょう。

単身者におすすめの椅子

Pick UP!

オカムラ

オカムラの椅子の画像

引用元:株式会社岡村製作所(http://www.okamura.co.jp/)

自宅のデスクで作業をしたい人向け
家で作業する際に使い勝手がよいのが、オカムラの椅子です。実際にオフィスなどでも使われており、できるだけ多くの人が使いやすい製品を提供しています。特に優れているのはそのデザイン性であり、国内だけでなく海外のデザイナーともコラボレーションし、日々開発に当たっています。

エコデザインで環境にもやさしい
また、エコデザインを推奨し、人だけでなく環境にもよい製品が作られていることも注目したいポイントです。機能性も高く、人間工学を下地にした座り心地の良い設計や、厳しい安全基準を設けることにより安全性や耐久性を維持するなど、努力を怠らないブランドといえます。

豊富なカラーバリエーション
カラーバリエーションが豊富で、明るい赤やオレンジ、水色などインテリアコーディネートのアクセントになるものから、シンプルな黒や白のものまでさまざま。自分の部屋にぴったりの椅子を探すことができるようになっています。

Pick UP!

イームズ

引用元:有限会社 NON VERSUS(http://vanilla-kagu.com/)

インテリアにこだわりのある人におすすめ
1950年代から続く老舗の磨き抜かれたデザインは、部屋にインパクトを与えます。1990年代からは日本でも高い人気を誇っており、インテリアに造詣の深い人なら誰でも知っているブランドといえるでしょう。

部屋の主役にできるデザイン性
イームズの椅子はシンプルで使い勝手がよいものも多く、ダイニングテーブルと合わせたり、作業するデスクに合わせたり、椅子を一つだけシンプルに置いてインテリアとして飾ったりすることもできます。プラスチックや革、木製のものなど素材のバリエーションも豊かなため、自分だけのお気に入りの一脚を見つけることができるでしょう。

幕張メッセ家具大バザールかねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO(http://www.kanetaya.com/)
潜入レポの詳細

家具インテリアプレミアムバーゲン多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
潜入レポの詳細

横浜グランドインテリアフェアルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
潜入レポの詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。