馬場家具HP引用元:馬場家具(http://nihonbed.com/)

馬場家具

群馬県高崎市に本社・ショールームを構えるソファ専門メーカー。
ネットの通販サイトなどでは総称ブランド名「インターリバックス」の家具としてよく紹介されています。
ソファに求められる“くつろぎ性”をとことん追及した形・使い心地の製品を数多く提供。電動リクライニング型、体感音響システム「ボディソニック」搭載型、高齢者の立ち座りの負担を軽減する電動アシスト型など、“機能付きソファ”と呼ばれるジャンルのトップメーカーとしても知られています。

ハイバック、背クッションなど座り心地を高めた快適設計

デザイン・機能別に設けられた馬場家具内の主流ブランドは約20シリーズ。そのうちの半分が、背もたれを高くして首や肩をしっかり支えるハイバックタイプのソファ。また、背中~腰部分がフィットする背クッション付きのものや、ベッドのように体を伸ばせるカウチタイプも複数取り揃えています。
「楽いす楽座」と銘打ったアシストソファ(電動起立補助椅子)も馬場家具が誇るプロダクト。
デザイン・機能別に全4シリーズあり、価格帯は(メーカー希望価格・税抜き)12万円台~22万円台。使い勝手を考え抜いた設計とともに、福祉器具のような仰々しさを払拭したデザインが好評を得ています。

部屋のサイズやくつろぎニーズに合わせて種類豊富!

ソファのデザインは気取りのないカジュアルタイプのものが多く、張り地は本革・ファブリック・ソフトレザーの3種類100色からチョイス可能。シングルソファ~スリーシーター、カウチタイプのロングシート、それと組み合わせる片袖ツーシーターなど、サイズ・形のバリエーションも豊富です。
通常のソファより奥行きをコンパクトにした省スペースモデル「ブレスト」、背と座が分解でき、狭い玄関や2階リビングなどにも搬入がしやすい「プレミアムA」・「ブリード」など、ソファ専門メーカーならではのコンビニエンスタイプも。
アシストソファには、回転式座椅子の座が昇降し、立ち上がりをアシストする電動起立補助座椅子「のぞみⅡ」、椅子の座が水平に上昇し、かつ適度に傾いて立ち上がりやすい姿勢をアシストするアップダウンチェア「ライラック」、アップダウンチェアの底にキャスター、背後にハンドルをつけ、車椅子のように押して移動させることができる「すずらん」など、高齢者の自立を助ける優しい機能が数々備わっています。馬場家具のホームページでは、アシルトソファそれぞれの特性を動画で紹介もしています。

人気の家具はコレ

エールAC

首を支えるハイバックに加え、“バケットシート”と呼ばれる、背と腰部に隙間がなくフィット感のあるカタチにもなっているので、座り心地満点。好みの張り地が選べ、10㎝刻みのサイズオーダーにも対応。足乗せ用のオットマンもそろっています。

パルミラ

ハイバック、バケットシートに加え、座の奥行きが52㎝→64㎝→90㎝とスライドするので、足を伸ばしたりあぐらをかいたり寝そべったり・・・好きな姿勢でくつろぐことができます。ツーシーターのほかシングルタイプもあり。

電動アップダウンチェア「ラベンダーⅡ」

一見、電動起立補助椅子には見えない、布張りシングルソファのような落ち着きあるデザイン。座高30㎝から立ち上がりまでをアシストし、ハイバックの背もたれにリクライニング機能も搭載。

馬場家具を買える家具店はこちら

かねたやROOMDECO

70以上のブランドの家具がそろい、アウトレットコーナーでは80~85%OFFの掘り出し物が見つかることもあります。

かねたやROOMDECO引用元:かねたやROOMDECO
(http://www.kanetaya.com/)
家具店の詳細

多慶屋

総合ディスカウントストアですが、「家具館」と「家具館別館」にはインテリアコーディネーターなど資格を持つ店員もいます。

多慶屋引用元:多慶屋
(https://takeya.co.jp/)
家具店の詳細

ルームズ大正堂

店舗販売だけでなく、家具イベントの企画やリフォーム事業など、暮らしに合わせた提案をしてくれるショップです。

ルームズ大正堂引用元:ルームズ大正堂
(http://www.rooms-taishodo.co.jp/)
家具店の詳細
※こちらのサイトは、独自で調査した内容をまとめたものです。
バーゲンやシュールーム情報や家具のカタログなど、もっと詳しく知りたい場合は直接各公式サイトでご確認ください。